令和2年 熊谷市成人式

更新日:2020.01.14

成人式1成人式2

皆さん、こんにちは。

1月12日(日)には、彩の国くまがやドーム体育館において「令和2年 熊谷市成人式」を挙行いたしました。今年の新成人は対象者数2,026人で、うち出席者数1,499人、出席率は73.99%でした。また、来賓、恩師、保護者等の皆様に995人ご出席いただきました。新成人の皆さんには、多くの仲間とともに晴れて成人式を迎えられましたことに、心からお祝いを申し上げます。また、今日まで深い愛情を持って見守り続けてこられたご家族の皆様にも、重ねてお祝いを申し上げます。これから新成人として新たな一歩を歩み続ける皆さんの前には、希望に溢れた未来が広がっています。それぞれの夢や希望を胸に、若者ならではの柔軟な発想と行動力、そして何より情熱を抱き続けて未来を切り拓いてください。そして、困難や課題に直面したときには、熊谷市の誇りである「ONE TEAM」の精神で、仲間や家族と協力し、助け合いながら乗り越えてくれることを願っています。

埼玉県と市長会・町村会との新年懇談会

更新日:2020.01.09

新年懇談会1新年懇談会2

1月8日(水)には、知事公館において「埼玉県と市長会・町村会との新年懇談会」が開催され、私も市長会会長として出席いたしました。さて、昨年を振り返りますと、改元や消費税増税、幼児教育保育の無償化など、様々な面で節目となった年という印象がありますが、やはり大きな被害を出した台風第19号のことを思い浮かべずにはいられません。未だ復旧・復興の途上であり、一日も早く被災された方々の生活が元に戻るよう、国や県にご支援をいただきながら進めていかなければならないと考えております。また、国内外から大勢のお客様にお越しいただき、日本中に多くのファンとラグビーブームを生み出したラグビーワールドカップ2019™日本大会の大成功を、今年開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会やスポーツを通じた地域の活性化等につなげていくことが期待されています。本年も数多くの福が訪れ、ワンチームで埼玉県並びに63市町村が大きく飛躍する年となるよう取り組んでまいりたいと考えております。

新春出初め祈願祭、出初め式

更新日:2020.01.07

新春出初め祈願祭1新春出初め祈願祭2

皆さん、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

1月6日(月)には、市内高城神社で出初め祈願祭、市役所前等で出初め式が行われました。初めに、熊谷総鎮守の高城神社で商売繁盛や市民皆様の健康・安寧を祈願した後、中心市街地において新春を飾る出初め式を行い、若手鳶職人の皆さんにはしご乗りを披露していただきました。市民皆様にとりまして、新しい一年が良い年になりますよう心から祈念申し上げます。

養豚農家との意見交換会「県産豚肉の安心安全アピール」

更新日:2019.12.27

意見交換会1意見交換会2

12月25日(水)には、熊谷地方庁舎及びとんふみ籠原店において、大野県知事、県議会の飯塚環境農林委員会委員長をはじめ大勢の関係皆様に来熊いただき、意見交換や「県産豚肉の安心安全アピール」が行われました。今年9月に埼玉県でも発症したCSF(豚コレラ)が、徐々にその範囲を拡大し広がりを見せる中、ワクチン接種が開始となり事態の収束に向けた大きな一歩が踏み出されたものと認識しております。今後とも関係機関と連携を図り、100年の伝統を誇る埼玉県産豚肉の安全アピールに寄与してまいりたいと考えております。

「特定空家等」の行政代執行の実施

更新日:2019.12.26

行政代執行1行政代執行2

皆さん、こんにちは。

12月25日(水)には、空家等対策の推進に関する特別措置法第14条第9項及び行政代執行法第2条の規定に基づき、「特定空家等」の解体・除却等の行政代執行を行いました。本来、空家は個人の財産であり、管理も所有者が行わなければなりませんが、適切な管理がされず、保安上危険な状態を放置することは、近隣の皆様や小学校の児童等の生命・身体・財産を脅かすことから、所有者に代わり市が除去の代執行を実施したものです。なお、所有者がいる空家等の解体・除去の行政代執行は、県内でも初めてになります。地元自治会や近隣の皆様には、工事実施につきましてご理解とご協力をお願い申し上げます。

熊谷市スマートシティ準備委員会キックオフミーティング

更新日:2019.12.23

スマートシティ1スマートシティ2

12月20日(金)には、さいしんホールにおいて「熊谷市スマートシティ準備委員会キックオフミーティング」を開催し、私も挨拶を申し述べました。国では本年6月に閣議決定した「まち・ひと・しごと創生基本方針2019」において、AIやIoT等の先進的技術、官民の様々なデータなどを活用して地域の抱える諸問題を解決し、持続可能な都市を目指す「スマートシティ」によるまちづくりを推進することとしており、全国各地でモデル事業が展開されております。このような中、本市でも、第2次総合振興計画基本構想に位置づけた「多核連携型コンパクト&ネットワークシティ」の形成に向け、「スマートシティ」を推進することとしました。このたびのミーティングの開催により、より多くの皆様にご理解をいただくとともに、公・民・学が一体となった今後の本市スマートシティによるまちづくりについて、大勢の皆様方の積極的なご参画をお願いいたします。

埼玉県内の児童館へのラグビーボール寄贈式

更新日:2019.12.23

ラグビーボール寄贈式1ラグビーボール寄贈式2

皆さん、こんにちは。

12月19日(木)には、妻沼児童館において「ラグビーボール寄贈式」が行われ、私も出席いたしました。このたびは、埼玉県内の子どもたちに本物のラグビーボールに触れる機会をつくり、ラグビーをより楽しんでもらうため、私が会長を務める埼玉県ラグビーフットボール協会から埼玉県内の児童館にラグビーボールを寄贈したものです。ラグビーボールは、本市に本拠地を移転するパナソニックワイルドナイツが負担し、寄贈式には粟屋悟パナソニックワイルドナイツチームディレクターさん等にもご出席をいただきました。これからも県内の子どもたちが、ラグビーにより親しんでいただければと願っております。

12月市議会定例会閉会

更新日:2019.12.18

本日、12月市議会定例会が閉会しました。一般会計補正予算をはじめ「熊谷市会計年度任用職員の報酬及び費用弁償等に関する条例」など、市政の重要案件につきまして慎重にご審議をいただき、いずれも原案のとおりお認めいただきました。さて、今年の流行語大賞には「ONE TEAM」が選ばれましたが、本市におきましてもラグビーワールドカップ™の成功だけではなく、災害対応や暑さ対策に関しても市民の皆様をはじめ、関係者の皆様とワンチームになって取り組むことができたと考えております。今後もラグビーを通じたまちづくりや防災力の強化など、市民皆様方とワンチームとなって諸課題に取り組んでまいりますので、引き続きご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

パナソニックワイルドナイツ 2019‐2020シーズンキックオフパーティー

更新日:2019.12.16

パナソニックワイルドナイツ2パナソニックワイルドナイツ1

12月14日(土)には、太田市のパナソニックワイルドナイツクラブハウスにおいて「2019‐2020シーズンキックオフパーティー」が開催され、私も出席いたしました。ラグビーワールドカップ2019™の熊谷開催では、多くの関係皆様のご協力をいただき大成功で終えることができました。また、パナソニックワイルドナイツの皆様には、市内で10日間開催したファンゾーンに多くの選手やスタッフにご出演をいただき、会場を盛り上げていただきました。心から感謝申し上げます。今シーズンのトップリーグでは、令和2年1月12日(日)の開幕戦を皮切りに、熊谷ラグビー場でパナソニックワイルドナイツの試合が7試合開催されます。これからも「ラグビータウン熊谷」の発展につなげるために、市民皆様とともに応援してまいりますので、引き続き関係皆様のご尽力、ご協力をお願い申し上げます。

第62回県北美術展

更新日:2019.12.09

第62回県北美術展2第62回県北美術展1

皆さん、こんにちは。

12月8日(日)には、熊谷市スポーツ・文化村「くまぴあ」において第62回県北美術展の授賞式が行われ、私も出席いたしました。今回の県北美術展は、12月5日(木)から8日(日)までの4日間、8年振りに本市で開催されましたが、大変素晴らしい作品が数多く出展され、県北地域全体の芸術文化の振興に大いに寄与したものと考えております。改めて受賞された皆様にお祝いを申し上げますとともに、関係皆様のご尽力に深く感謝いたします。

マレーシア プトラ大学ラグビーチーム表敬訪問

更新日:2019.12.04

プトラ大学ラグビーチーム1プトラ大学ラグビーチーム2

12月3日(火)には、マーレーシアのプトラ大学ラグビーチームの皆さんが市役所にお越しくださいました。皆さんは11月27日(水)に来日され、本市の「スポーツ文化村・くまぴあ」を拠点にトレーニングをしたり、立正大学や市内のクラブチームと親善試合等を通じて、交流・親交を深めていただきました。今回のラグビーを通じた交流が、関係皆さんにとって有意義なものとなり、今後の更なるご活躍につながることを祈念しております。

台風第19号による被害及び防災対策に関する要望活動

更新日:2019.12.04

埼玉県市長会要望活動1埼玉県市長会要望2

皆さん、こんにちは。

12月3日(火)には、埼玉県市長会会長として市長会を代表し、大野埼玉県知事並びに神尾埼玉県議会議長に対して、台風第19号の被害及び防災対策に関する要望活動を行いました。県知事並びに県議会議長からは、総力をあげて取り組む旨のご発言をいただきました。先の台風第19号により、県内では、河川の氾濫や土砂崩れが発生し、3名の尊い命が失われました。また、住宅の損壊や床上・床下浸水など、6,000棟を超える建物に被害が発生したことに加え、河川、道路、農地、農業施設等にも甚大な被害が発生し、農林業や商工業などの産業面に深刻な被害を及ぼしております。埼玉県市長会といたしましても、これからも埼玉県と連携・協力してさらなる防災対策等を進めてまいりたいと考えております。

12月市議会定例会開会

更新日:2019.11.29

11月29日(金)には、12月市議会定例会が開会しました。今定例会では予算議案3件、一般議案21件の計24件を提出しました。補正予算では、この度の台風第19号に関連して、被害を受けた市有施設の復旧を行うため、市道に堆積した土砂等の撤去や、荒川緑地ソフトボール場のグラウンド整備及びバックネットの設置を行う経費を計上したほか、消防費において災害用備蓄品の補充等を行うための経費などを計上いたしました。

さて、ラグビーワールドカップ2019™は、国内外の多くの人々に素晴らしい感動を与え、大成功のうちに閉幕いたしました。大会招致からこれまで、多大なるご支援、ご指導をいただいた市議会の皆様をはじめ、関係機関のご協力や、裏方としてご尽力をいただきました市民やボランティアの皆様のご活躍なくして成功はなし得なかったものと考えております。皆様には、心から厚く御礼申し上げます。

冬の交通事故防止運動・年末年始特別警戒出陣式

更新日:2019.11.29

交通安全防止運動1交通事故防止運動2

11月28日(木)には、コミュニティひろばにおいて「冬の交通事故防止運動・年末年始特別警戒出陣式」が開催され、私も挨拶等を行いました。当日は、「交通・生活安全広報大使」に委嘱された、ラグビーワールドカップ2019™の日本代表のヴァル・アサエリ愛選手(パナソニック)にも参加していただきました。冬の交通事故防止運動は12月1日から県下一斉に開始されますが、市内では今年5名の市民の方が交通事故の犠牲となっています。市でも交通安全スローガン「自転車も ルール破れば 加害者に」を掲げ、広く市民の皆様に交通安全を呼びかけてまいります。また、「年末年始特別警戒」につきましては、犯罪や事故の増加が懸念される年末年始に向け、熊谷警察署や関係団体の皆様と連携して犯罪被害の発生を防止し、市民生活の安全を確保してまいりたいと考えております。

熊谷商工会議所青年部とのハートフル・ミーティング

更新日:2019.11.27

熊谷商工会議所青年部ハートフル1熊谷商工会議所青年部ハートフル2

11月26日(火)には、商工会館大ホールにおいて「熊谷商工会議所青年部」の皆様とのハートフル・ミーティングを行いました。皆様には、地域経済の担い手としてのご活躍はもとより、熊谷商工会議所青年部としての事業運営を通じた中心市街地のにぎわい創出など、本市の活性化にご尽力をいただいており深く感謝申し上げます。当日は「若者の定住について」や「民間活力を生かした公共施設の運営について」など多岐にわたり意見交換ができました。これからも連携を密にしながら、市政進展のためにご協力いただきますようお願い申し上げるとともに、皆様のますますのご活躍を祈念いたします。

「ひと涼みアワード2019」トップランナー賞授与式

更新日:2019.11.25

トップランナー賞1トップランナー賞2

11月25日(月)には、熱中症予防声かけプロジェクトのプロジェクト推進リーダーの辰巳知之様等が市長室にお越しくださり、「トップランナー賞」の賞状及びトロフィーの授与式が行われました。これに先立ち、11月11日(月)に東京ウィメンズプラザにおいて開催された表彰式において、熊谷市は2年ぶり6回目となる「トップランナー賞」に選ばれましたが、本市の暑さ対策プロジェクトチームをはじめとする関係者のたゆまぬ努力の結果であると考えております。また今年度は、荒川中学校及び熊谷青年会議所の取組についてもそれぞれ優秀賞を受賞しており、市民皆様の意識の高さを示すものと思います。これからも、本市における熱中症ゼロを目指す取組を積極的に推進してまいりたいと考えております。

令和元年度熊谷市優秀技能者表彰式

更新日:2019.11.25

熊谷市優秀技能者表彰式

皆さん、こんにちは。

11月23日(土)の勤労感謝の日には、市民ホールにおいて「令和元年度熊谷市優秀技能者表彰式」を挙行し、私も式辞を申し述べるとともに表彰を行いました。今年度は、鯨井雄二氏(大工)、寺井幸男氏(鳶職)、大澤陽一氏(造園師)が市内の優秀な技能者の中から選ばれました。いずれの皆様も、その道の第一人者として極めて優秀な技能を有し、数多くの実績を残され後進の育成に力を注がれるなど高い評価と信頼が寄せられております。受賞された皆様に敬意と感謝の意を表しますとともに、ますますのご活躍を祈念いたします。

ラグビーワールドカップ2019 公式ボランティアサンキューパーティ

更新日:2019.11.21

公式ボランティアサンキューパーティ1公式ボランティアサンキューパーティ2

11月17日(日)には、さいたまスーパーアリーナ展示室において「ラグビーワールドカップ2019公式ボランティア『TEAM NO‐SIDE』サンキューパーティ」が開催され、私も開催都市を代表して挨拶等を行いました。ラグビーワールドカップ2019日本大会では、日本代表がベスト8という結果を残し、数々の名試合とともに多くの感動を与えてくれました。大会の運営を安心・安全に行うことができ、国内外のお客様に温かなおもてなしを届けることができたのも、ボランティアの皆様が、真摯に取り組んでくださったおかげです。埼玉県民・熊谷市民の方だけでなく、県外・市外の多くの皆様がこの埼玉・熊谷の会場を選び、ONE‐TEAMとなって共に大会を盛り上げていただいたことを心から感謝申し上げます。皆様には、出会った仲間たちと今後もさらに親睦を深めてくだされば幸いです。

「熊谷市スポレクフェスティバル」「熊谷市産業祭・全国ご当地うどんサミットin熊谷」「くまがや交通安全フェア」 

更新日:2019.11.18

スポレクフェスティバルくまがや交通安全フェア

11月17日(日)には、熊谷スポーツ文化公園において「第15回熊谷市スポレクフェスティバル」「第15回熊谷市産業祭・第9回全国ご当地うどんサミットin熊谷」「第8回くまがや交通安全フェア」が開催されました。当日は、好天に恵まれて大勢の来場者で賑わいましたが、これからも市民皆様が交通事故等に十分注意して、スポーツ活動などに取り組まれることを期待しております。産業祭では、収穫の秋を迎えたこの時季に本市の特色であります農作物とともに、様々な団体の皆様にご出店をいただき盛大に開催できましたことに心から感謝申し上げます。また、全国ご当地うどんサミットin熊谷を機に国産小麦の普及が図られ、本市の小麦がさらに広く知れ渡り、全国の素晴らしいうどん文化が末永く引き継がれていくことを祈念しております。

第14回夢・未来ジュニア議会

更新日:2019.11.15

第14回夢・未来ジュニア議会1第14回夢・未来ジュニア議会2

11月14日(木)の県民の日には、「第14回夢・未来ジュニア議会」を開催し、市内16中学校の2年生・合計32名のジュニア議員が参加してくれました。未来を担う子どもたちに、議会の仕組みについて体験を通して学んでもらい、市政に対する興味・関心を高めてもらうことは有意義なことであると考えています。参加した中学生たちのはきはきとした立派な態度により、大変引き締まったジュニア議会となりました。皆さんが今後ともさらに心身を鍛えて、たくましく健やかに成長されることを願っております。傍聴していただいたご家族様をはじめ、関係皆様にお礼申し上げます。