星川とうろう流し

更新日:2018.08.17

星川とうろう流し皆さん、こんにちは。

8月16日(木)には、中心市街地を流れる星川で「とうろう流し」が行われ、私も来賓挨拶を申し述べるとともにとうろう流しを行いました。この行事は、戦後の昭和25年8月16日に、空襲等で犠牲になった人々の霊を慰めるために行われてから、毎年8月16日に実施されており、大勢の皆さんが川面に浮かぶ鎮魂の光を見守りました。私たち熊谷市民は、県内唯一の「戦災指定都市」の住民として、戦争の惨禍を二度と繰り返すことのない社会と人類の恒久平和を実現するために、ここ熊谷市を「非核平和都市」とすることを宣言しております。関係の皆様に感謝申し上げるとともに、改めて悲惨な出来事が繰り返されることのないよう決意するものであります。

暑さ対策の研究のため北秋田市から熊谷市にご来訪

更新日:2018.08.14

暑さ対策の研究のため来訪

皆さん、こんにちは。

8月14日(火)には、秋田県北秋田市在住の髙橋さんのご家族が、熊谷市の暑さ対策を研究するためにご来訪されました。お母さんとともにお見えになったご兄妹は、北秋田市立鷹巣小学校の4年生と1年生で、夏休みの自由研究のためわざわざ自家用車で本市にお越しいただきました。市長室で歓談等を行った後、担当の職員から「暑さ対策日本一」を目指した取組の説明等を行いましたが、本市の取組が参考になればありがたいと考えています。このたびはご来訪いただきありがとうございました。

第69回熊谷花火大会

更新日:2018.08.13

熊谷花火大会皆さん、こんにちは。

8月11日(土)には、荒川河畔において熊谷花火大会を開催しました。この花火大会は戦後の昭和23年に第1回を開催して以来、今年で69回目の開催となる県内でも歴史のある大会の一つです。当日は、好天にも恵まれて大勢の来場者で大いに賑わいました。関係皆様のご尽力、ご協力に深く感謝申し上げます。

打ち水大作戦2018

更新日:2018.08.13

打ち水大作戦2018①打ち水大作戦2018②

 

 

 

 

 

 

 

8月11日(土)には、星川いこいの広場を中心とした星川通りにおいて「打ち水大作戦2018」が開催され、私も来賓挨拶を申し述べました。このイベントは平成19年に熊谷市が当時の国内最高気温を記録したことをきっかけに、本市の暑さ対策のイベントとしてスタートし、今年で11回目を迎えます。折しも今年は、7月23日の大暑の日に再び最高気温を更新しましたが、主管団体の「NPO法人エコネットくまがや」をはじめ、関係団体の皆さんには長年にわたり継続していただき心から感謝をいたします。これからも、暑さ対策日本一のまちとして、様々な取組を行っていきたいと考えています。

第32回読売旗争奪県北少年野球選手権大会

更新日:2018.08.13

第32回読売旗争奪県北少年野球選手権大会1第32回読売旗争奪県北少年野球選手権大会2

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

8月11日(土)には、熊谷さくら運動公園野球場において、県北少年野球選手権大会の開会式が行われ、私も来賓挨拶と始球式を行いました。この大会は地区予選に参加した120チームの代表32チームが参加し、県北野球少年の健全な心身の育成及びチーム間の親睦を図ることを目的として開催されており、優勝チームは11月の県大会に参加できるとのことです。小学生の皆さんが野球を通じて、たくましく成長されることを願っております。

第27回めぬま祭り

更新日:2018.08.06

第27回めぬま祭り1第27回めぬま祭り2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

8月4日(土)には、今回で27回目を迎える「めぬま祭り」が行われ、私も来賓挨拶を申し述べました。妻沼地域の夏の風物詩であるこのお祭りは、新たな祭り文化の創造と参加型の地域イベントを目指して平成4年から行われていますが、参加者の地域への愛着を高める絶好の機会にもなっています。当日は猛暑日となりましたが、大勢の皆さんが参加され大いに盛り上がりました。小林実行委員長さんをはじめとした関係皆様のご尽力に心から感謝します。

原口元気選手に「熊谷市特別表彰」

更新日:2018.07.27

原口元気選手「熊谷市特別表彰」1原口元気選手「熊谷市特別表彰」3

 

 

 

 

 

 

 

7月26日(木)には、熊谷市役所市長室で「2018FIFAワールドカップロシア」において日本代表として出場し、決勝トーナメントで日本人初のゴールを決めるなど、攻守にわたり活躍され、市民に大きな夢と感動を与えた本市出身の原口元気選手に対して「熊谷市オリンピック競技大会等特別表彰要綱」に基づき表彰をさせていただきました。原口選手の活躍は本市の誇りであり、4年後のカタール大会に向けて、新天地であるハノーファーでのさらなる飛躍を期待しております。これからも地元・熊谷の地から、市民の皆さんとともに熱い声援を送り続けたいと考えております。

熊谷うちわ祭 曳っ合せ叩き合い

更新日:2018.07.23

曳っ合せ叩き合い1曳っ合せ叩き合い2

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

7月22日(日)には、お祭り広場で熊谷うちわ祭のクライマックスともいえる曳っ合せ叩き合いが行われました。当日は、上田清司埼玉県知事様をはじめ多くのご来賓に来場いただきましたが、私も地元市長として歓迎の挨拶を申し述べました。午後8時を過ぎて、徐々に12基の山車・屋台が「最後の叩き合い」の地であるお祭り広場に集まり、勇壮な囃子が真夏の夜空に響き、年番送りや最後の叩き合いが行われました。

今年の熊谷うちわ祭は、3日間とも猛暑の中での開催となりましたが、独自の熱中症対策を施すなど、田代大総代をはじめとした関係役員の皆様のご尽力、熊谷警察署を中心とした関係機関の皆様のご支援、ご協力により大成功のうちに終了することができました。改めまして、関係の皆様に厚く御礼を申し上げます。

熊谷うちわ祭 巡行祭

更新日:2018.07.23

巡行祭1巡行祭2

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

7月21日(土)には、午後から巡行祭が行われました。国道17号線が市内銀座から石原まで交通規制が敷かれ歩行者天国となり、八木橋デパート前に山車・屋台が集結し巡行が始まりました。その後、総勢12台の山車・屋台は御宮参りのため御仮屋へ向かい、御仮屋では各町の山車・屋台が順に神前に進み幣束を授与されました。

熊谷うちわ祭 渡御祭

更新日:2018.07.23

熊谷うちわ祭 渡御祭皆さん、こんにちは。

7月20日(金)から、関東一の祇園 熊谷うちわ祭が始まりました。うちわ祭は、当地に鎮座する八坂神社のご祭礼です。早朝から渡御祭が行われ、私も来賓挨拶を行いました。その後、愛宕八坂神社(本宮)から旧市街地8ケ町を通り、途中の東西南北4ケ所で地域を浄め、お祭り広場に設置された御仮屋(行宮)まで神輿が巡行しました。各町の若頭総勢100人が白丁をまとって神輿を担ぎお供をし、神輿はお祭り広場の行宮に安置されました。

祝 第18回全日本少年少女空手道選手権大会出場

更新日:2018.07.20

全日本少年少女空手道選手権大会皆さん、こんにちは。

7月19日(木)には、「第9回彩の国杯 埼玉県ジュニア空手道選手権大会」で、優勝、準優勝、第3位となった小学生3名が全国大会へ出場するにあたり、熊谷市空手道連盟役員及び保護者の皆さんとともに、表敬訪問していただきました。出場する第18回全日本少年少女空手道選手権大会は、8月4日(土)、5日(日)に東京武道館で開催されますが、皆さんの健闘をお祈りしております。

航空自衛隊航空教育隊 第11期一般空曹候補生課程卒業式

更新日:2018.07.18

航空自衛隊航空教育隊卒業式2航空自衛隊航空教育隊卒業式1

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

7月18日(水)には、さくらめいとにおいて、航空自衛隊航空教育隊の卒業式が行われ、私も地元熊谷市を代表して祝辞を申し述べました。4月から3か月間、航空自衛官としての知識や技能の習得に、ひたむきに努力された皆さんに心からお祝いを申し上げます。また、ご指導にあたられました航空教育隊関係各位のご尽力に敬意を表します。近年、大規模な自然災害が頻発し、自衛隊の災害派遣が要請される機会も増えておりますが、自衛隊員皆さんの活動・活躍は目覚ましいものがあります。卒業生の皆さんには、お身体をご自愛されてますますのご活躍を祈念いたしております。

※ただ、残念なことに、皆さんのご卒業により、8月1日付けの熊谷市の人口は大きく減少します・・・

平成30年7月豪雨災害支援物資輸送の出発式

更新日:2018.07.13

平成30年7月豪雨災害支援物資輸送の出発式2平成30年7月豪雨災害支援物資輸送の出発式1

 

 

 

 

 

 

 

7月5日(木)から降り続いた「平成30年7月豪雨」いわゆる西日本豪雨により、甚大な被害が発生してしまいました。被害にあわれた皆様に対し、衷心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。

7月13日(金)には、熊谷市役所正面ロータリーにおいて、平成30年7月豪雨災害支援物資輸送の出発式を行いました。今回の豪雨で多くの自治体が災害救助法の適用を受けている岐阜県内で、特に甚大な被害を受けた関市に支援物資の提供を申し出たところ、「早急に手配してほしい」旨の申出があったため、本市と災害協定を結んでいる埼玉県トラック協会熊谷支部の協力を得て、本市で保有している木綿タオル、ブルーシート、土のう袋、サージカルマスク等を早急に現地にお届けすることになりました。現地の皆様の一日も早い復旧、復興を祈念しております。

西日本豪雨の記録的な降水量を見ても、雨の降り方が「局地化・集中化・激甚化」していることを痛感しています。荒川と利根川の二大河川を擁する、ここ熊谷市でも、今まで以上に気を引き締め、市民の皆様とともに、さらに防災意識を高めてまいりたいと考えております。

中学生とのハートフル・ミーティング

更新日:2018.07.13

中学生とのハートフル・ミーティング1中学生とのハートフル・ミーティング2

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

7月12日(木)には、荒川中学校において、今年度最初の「中学生とのハートフル・ミーティング」を実施しました。これからの熊谷を担う中学生の皆さんと直接対話を行うことは、とても有意義なことと考えていますが、ラグビーワールドカップ2019を控えての外国人観光客の安心・快適なおもてなし環境の整備など、具体的な質問が数多く出されました。また当日は、給食を食べながらできるだけ多くの生徒の皆さんと懇談をしましたが、全体を通して、荒川中学校3年生の皆さんのしっかりとした受け答えに大いに感心いたしました。校長先生をはじめ先生方には大変お世話になりました。

わんぱく相撲大会 夏場所

更新日:2018.07.09

わんぱく相撲大会1わんぱく相撲大会2

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

7月8日(日)には、熊谷さくら運動公園相撲場において県民総合体育大会第66回わんぱく相撲大会夏場所が開催され、私も来賓挨拶を行いました。この大会では小学校1年生から6年生まで61人が参加し、学年別トーナメント戦が行われ熱戦が繰り広げられました。また当日は、(公財)熊谷市体育協会が購入し寄贈した「水引幕」の新調お披露目式も実施されましたが、関係皆様のご支援、ご努力に感謝いたします。

埼玉西武ライオンズとの連携協力に関する基本協定締結式

更新日:2018.07.06

埼玉西武ライオンズとの基本協定締結式2埼玉西武ライオンズとの基本協定締結式1

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

7月6日(金)には、熊谷市と埼玉西武ライオンズとの連携協力に関する基本協定締結式が行われ、私も挨拶を申し述べるとともに、(株)西武ライオンズの居郷代表取締役社長さんと締結式に臨みました。今回の基本協定(フレンドリーシティ協定)は、本市と埼玉西武ライオンズが持つそれぞれの資源を有効に活用し、協働して事業に取り組むことで、地域社会の発展や市民福祉の向上などを目指していくものです。今後もプロスポーツチームとの連携・協働を図り、「スポーツ熱中都市」の実現に向けた協働事業を展開していきたいと考えています。現在、プロ野球パシフィック・リーグの首位を激走する埼玉西武ライオンズのますますのご健闘を祈念しております。

 

熱中症予防声かけ出陣式2018

更新日:2018.06.29

出陣式1出陣式2

 

 

 

 

 

 

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

6月29日(金)には、熊谷駅改札前において、暑さ対策に積極的に取り組む全国16の自治体が連携し、熱中症予防を啓発する「出陣式」(メイン会場:JR渋谷駅ハチ公前広場)を開催し、私も挨拶を行うとともに、市民の皆さんへ声かけをしながら啓発物品を配布しました。このイベントは「暑さ対策日本一」のまちとして、熊谷から熱中症患者を出さないことを目標とした取組の一つでもあり、JR熊谷駅長さんほか駅職員の皆さん、本市の暑さ対策プロジェクトチームメンバー等が出陣式を実施し、エネルギーと塩分を補給できるゼリー、水、啓発リーフレット・うちわの他、昨年のプロジェクトチームが発案した熱中症予防トイレットペーパーを配布しましたが、行列ができるほど好評でした。これから暑さが本格化してまいりますが、市民の皆さんも、熱中症に注意していただきたいと思います。

6月市議会定例会閉会

更新日:2018.06.26

皆さん、こんにちは。

昨日、6月市議会定例会が閉会しました。補正予算や「熊谷市立児童クラブ条例の一部を改正する条例」など、提出した議案を慎重に審議いただき、いずれも原案のとおりお認めいただきました。これからも「子どもたちの笑顔があふれるまち 熊谷 ~輝く未来へトライ~」の将来都市像の実現に向け、効率的で安定した市政運営を継続するとともに、社会変化と市民ニーズに的確に対応し、市民皆さんの安心・安全な日常生活の確保や利便性の向上に全力で取り組んでまいります。

連日、蒸し暑い日が続いておりますが、皆さんには健康に十分ご留意いただき、市政進展のため今後とも一層のご支援、ご協力をお願いいたします。

 

ラグビー 日本代表VSジョージア代表 パブリックビューイング

更新日:2018.06.25

ラグビーパブリックビューイング1ラグビーパブリックビューイング2

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

6月23日(土)には、アズ熊谷屋上特設会場で「日本代表VSジョージア代表」のパブリックビューイングが行われました。このイベントは、ラグビーワールドカップ2019を来年に控え、ラグビー代表戦のパブリックビューイングを通じてラグビーに親しんでもらい、さらなる大会の盛り上げを目的として開催されました。私も来場された皆さんに主催者挨拶を申し述べました。当日は、熊谷商業高校卒でタレントのゴルゴ松本氏のトークショーや、ラグビー元日本代表でラグビーワールドカップ2019日本大会アンバサダーの伊藤剛臣氏の解説も行われ、日本が快勝したこともあり会場は大いに盛り上がりました。

故金子兜太さんのお別れの会

更新日:2018.06.22

故金子兜太さんお別れの会

皆さん、こんにちは。

6月22日(金)には、有楽町朝日ホールで、2月に亡くなられた俳人・金子兜太さんを偲びお別れの会が開かれました。俳壇関係者をはじめ、親交のあった各界の約800人が参列され、私も献花を行うとともに黙とうをささげました。このお別れの会では、在りし日の金子さんの姿を収めたビデオが上映され、発起人代表で現代俳句協会特別顧問の宮坂静生氏は、お別れの言葉のなかで「水脈(みお)の果て炎天の墓碑を置きて去る」などの代表句を読み上げ、戦時中の体験等から「戦争は悪であり、反戦平和のために尽くす信念」を貫かれた俳人・金子兜太さんの生きざまをたたえました。改めて、熊谷市に居を構えてから50年、本市の文化の向上・発展にご尽力いただいた先生の偉大な足跡を偲ぶ機会にもなりました。