市民の皆様へ

熊谷市長 富岡 清

 

昨年は、世界水泳選手権において、本市親善大使の古賀淳也選手が50メートル背泳ぎで銀メダルを獲得したほか、世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ戦で、本市出身の木村翔選手が世界チャンピオンに輝き、大晦日には壮絶な打撃戦を制して、初防衛を果たしました。さらに、JA全農チビリンピックにおいて、江南南サッカー少年団が初出場で初優勝を果たすなど、若い力が躍動し、市民に喜びや希望を与えてくれました。

 

今年は、10年先の本市の目指すべき将来都市像とその実現に向けた具体的な施策などを定める「第二次総合振興計画」をスタートさせ、また、公共施設の更新や統廃合などの総合的整備計画となる「アセットマネジメント」の推進や、2019年のラグビーワールドカップを契機としたまちづくりなど、熊谷の未来の方向性を決定していく大変重要な年となります。

 

私は、先の選挙において「市民とともに豊かな未来を育むまち熊谷」を目指して、5つの「育む」を基本政策とした政策提言を市民の皆様にお約束し、新たな任期をスタートいたしました。この政策提言の実現のため、これからも市民の皆様との直接対話を大切にし、これまで培った経験とふるさと熊谷への情熱をもって、全力で市政に取り組んでまいりますので、引き続きご支援とご協力をお願い申し上げます。

 

平成30年1月