花輪滋實氏 国の選定保存技術保持者に認定

更新日:2021.07.20

カテゴリー:BLOG

7月16日(金)に、木工・漆工の技術者である花輪滋實氏(中奈良在住)が、国の文化審議会において、国選定保存技術保持者に認定するよう、文部科学大臣に答申されました。選定保存技術保持者の認定は埼玉県では4人目で、熊谷市では初めての栄誉となります。選定技術は「表具用木製軸首製作」で、この項目としては日本初の国選定となる偉業であり、優れた技術が広く認められたものと心からお祝いを申し上げます。

 

※国の選定保存技術
文化財の保存のために欠くことのできない伝統的な技術または技能で保存の措置を講ずる必要があるものを文部科学大臣は選定保存技術として選定し、その保持者を認定する。