東京2020聖火リレーセレブレーション

更新日:2021.07.08

カテゴリー:BLOG,活動写真室

7月7日(水)に、熊谷スポーツ文化公園にぎわい広場において、東京2020聖火リレーセレブレーション(歓迎式)が行われました。ここ数日は梅雨らしい天候が続き心配していましたが、梅雨の切れ間に15人のランナーによりリレーされた聖火が無事に熊谷スポーツ文化公園に到着しました。

埼玉県内では6日から8日まで3日間にわたり聖火リレーが行われ、熊谷市では2日目のアンカーとして聖火が引き継がれ、午後7時からの式典でステージ上の聖火皿に点火されました。この歴史的瞬間に立ち会えたことは光栄であり、1964年の東京オリンピックの際にも、本市において聖火リレーが行われ、57年ぶりに2回目の聖火を迎えられたことを感慨深く思います。

前回大会の時、私は小学生で、大変感動したことを今でも鮮明に覚えています。式典に参加してくれた熊谷の未来を担う子どもたちにとりましても、この経験が、そして大会での選手の姿が、感動とともにいつまでも心に残ることと思います。多くの方々が想いを込めてつないで来られた聖火が、人々の心と希望の道を照らしてくれることを、オリパラの成功とともに心から願っています。