日別アーカイブ: 2021年3月8日

新型はしご車の配車式及び救助救出訓練

更新日:2021.03.08

救助救出訓練

訓示

 

3月6日(土)、妻沼中央公民館で新型はしご車の配車式と救助救出訓練を行いました。

今回導入するはしご車は、従来のはしご車に比べ、基本性能や安全性能を含む様々な機能が格段に向上しており、安全性を確保しながら、より高度な消火活動や救助活動を可能とする仕様となっており、平成6年に中央消防署へ配備したものを、26年ぶりに更新するものです。

新型はしご車は、工場や危険物施設が多く存在する玉井分署へ、また、これまで玉井分署に配置していたはしご車は、高層建物が多く建ち並ぶ中央消防署に配置することとしました。市民の皆様の生命や財産を守れるよう、はしご車の有効活用と災害現場での活躍を期待しています。

配車式の後には、多くの市民の方に見守られながら救助救出訓練を行いました。写真には、3台のはしご車がありますが、左が従来型、中央が屈折式の新型、右が先端屈折式のはしご車です。中高層建物はもとより、災害現場の状況により、最も適したはしご車の出動が可能となります。