月別アーカイブ: 2021年3月

令和2年度 年度末を迎えて

更新日:2021.03.31

市庁舎に隣接している中央公園にて

 

本日、退職辞令を交付しました。

熊谷市では47人(市職員43人、指導主事4人)の職員が本日をもって退職となります。仕事の内容や勤務年数はそれぞれ異なりますが、本市職員として、市政進展に大いに力を発揮してくれたことに対し、心から感謝しているところです。

特に、今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、様々なイベントや行事の中止や延期を余儀なくされ、新たな課題や例年とは違った対応が必要となるなど、大変な一年であったと思います。

退職される皆さんの今の気持ちは、仕事を成し遂げた達成感や満足感の反面、長年親しんだ職場や同僚と別れる寂しさなど、様々な思いが複雑に錯綜しているものと思います。

豊かな行政経験を生かし、4月以降も市政に関わっていただく方も多いですが、退職を機に行政から離れて、第2の人生を歩まれる方もいます。退職される皆さんの、今までの御貢献に心から感謝し、今後のなお一層の御健勝、御活躍を心から願っています。

赤城自治会館お披露目会

更新日:2021.03.27

 

3月26日(金)、大麻生地区の赤城自治会の自治会館が竣工し、お披露目会におじゃまいたしました。

これは、「一般財団法人 自治総合センター」が宝くじの社会貢献広報事業として行っているコミュニティセンター助成事業を活用したもので、申請窓口となる市民活動推進課とは、平成30年から松本会長を中心に打合せを重ねてきたそうです。

赤城自治会の皆様には、小学生の登下校時の見守り、ごみゼロ運動のほか、「赤城夏祭り」に象徴される世代を超えた交流が盛んで、特に、は自治会が中心的役割を果たし、地域最大の行事となっているそうです。

この会館の竣工により、自治会活動も今まで以上に活発になることを期待するとともに、 赤城自治会皆様の御健勝と御多幸を祈念いたします。

鴻巣市合併15周年記念式典

更新日:2021.03.26

3月26日(金)、「クレアこうのす」で挙行された「鴻巣市合併15周年記念式典」に出席してきました。

令和2年度 小中学校卒業式

更新日:2021.03.24

 

本市では3月16日(火)に中学校で、また本日24日(水)は小学校で、それぞれ令和2年度の卒業式が挙行されました。この度、卒業を迎えられた3,132人の児童生徒の皆さん、御卒業おめでとうございます。

卒業生の皆さんにとって、学校生活最後の一年は、新型コロナウイルスの影響により、学校生活が大きく変わりました。新しい生活様式の中で、当たり前のことが当たり前にできず、不安な気持ちや、やりきれない気持ちがあったことでしょう。そうした中でも、皆さんは、目標を掲げ、自分にできる事に精一杯取り組み、立派に成長し卒業を迎えることができました。

コロナ禍でありながら、共に学んだ仲間としかできない貴重な経験をしてきた皆さんです。自分に自信をもって、あえて困難に立ち向かい、それぞれの目標に向けて一歩一歩、力強く進んでくれる事を願っています。

令和2年度(第8回)熊谷市子育て支援優良企業認定証授与式

更新日:2021.03.23

 

3月23日(火)、市長室で熊谷市内の子育て支援に熱心に取り組まれている企業である、㈱エムエムジー経営研究所様、医療法人くぼじまクリニック様、㈱ケージーエム様に「熊谷市子育て支援優良企業認定証」を授与させていただきました。

本市では、総合振興計画のリーディング・プロジェクトの一つに「子育てを応援するまちづくり」を掲げ、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援を行うため、子育て世代包括支援センター及び地域子育て支援拠点を充実させるなど、さまざまな取組を推進している中、平成19年度から、従業員の子育てと仕事の両立を支援し、子育てしやすい職場環境づくりに積極的に取り組んでいる市内事業所の皆様を「熊谷市子育て支援優良企業」として認定させていただき、その取組を広く市民や企業の皆様にお知らせすることにより、各企業における取組の普及促進や子育てしやすい社会環境づくりが図られるよう努めているものです。

認定させていただきました皆様には、今回の認定を契機として、従業員の働きやすい職場環境づくりに努めていただくとともに、子どもたちの健やかな成長と笑顔のため、さらに積極的な子育て支援に取り組んでいただきますようお願いします。

第16回さいたま輝き荻野吟子賞

更新日:2021.03.22

 

3月22日(月)、埼玉県知事公館において「第16回さいたま輝き荻野吟子賞」の表彰式が行われ、私も出席してまいりました。

この賞は、日本で最初の公認女性医師となった荻野吟子の不屈の精神を受け継ぎ、先駆的な活動などを行った方や団体、事業所を表彰し、その功績をたたえるものです。

私は、女性と男性が個性と能力を十分に発揮し、あらゆる分野で対等に参画できる男女共同参画社会の実現が重要と考えています。受賞者された皆様に改めて敬意を表するとともに、心からお祝いを申し上げます。

第27回日本リトルシニア全国選抜野球大会出場報告

更新日:2021.03.19

 

3月18日(木)、本市野球連盟に所属する「熊谷リトルシニア」の皆さんが、第27回日本リトルシニア全国選抜野球大会への出場報告に来てくれました。

リトルシニアは、中学生の硬式野球のことで、3月26日(金)から大阪で行われる同大会には関東代表として出場します。

私からは、選手には激励を、指導者や保護者の皆さんには日頃のご労苦へのお礼や感謝と子どもたちの安全な引率をお願いました。

第24回大会以来3年ぶりの出場となりますので、前回以上の成績が収められるよう活躍を祈っています。

 

※大会要項、トーナメント表はこちらでご確認いただけます ⇒ https://www.littlesenior.org/shop/tournament/index.php?action=detail&tournament_id=1208

令和3年3月市議会定例会閉会

更新日:2021.03.18

本日、3月市議会定例会が閉会しました。令和3年度当初予算をはじめ、令和2年度補正予算、熊谷市企業の立地及び拡大の支援に関する条例の一部を改正する条例等の一般議案など、市政の重要案件について慎重に御審議をいただき、いずれも原案のとおり、お認めをいただきました。

さて、東日本大震災発生から10年が経過し、その後も、熊本地震や一昨年の台風第19号など、甚大な被害をもたらす自然災害が各地で発生し、先月も大きな地震が起きたばかりです。
このような中、熊谷市では自主防災組織の組織率が年々上昇するなど、住民が自らの地域を守る意識の高まりを実感しています。今後も、これまでの経験と教訓を活かして、災害に強いまちづくりを推進してまいります。

また、新型コロナウイルス感染症の広がりは、生命身体の安全面に対する脅威だけでなく、経済面にも大きな打撃を与え、市民生活に大きな影を落としています。
市民及び事業者 皆様の継続的な取組によりまして、新規感染は抑えられておりますが、変異種の出現や危機意識が緩む「コロナ疲れ」などリバウンドや第4波のリスクが潜む中、引き続き対策が必要なことに変わりはありません。

熊谷市においても、今週から医療従事者へのワクチン接種が始まり、順次、接種対象者を拡大していきますので、このワクチン接種が、感染拡大防止の切り札になることを期待するとともに、今定例会でお認めいただきました新年度予算の各種事業を推進することで、疲弊している市民の暮らしの安定と地域経済の支援に努め、切れ目のない政策を実行してまいりますので、引き続きご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

医療関係者の方に新型コロナワクチン接種の説明会を開催しました

更新日:2021.03.17

 

3月16日(火)、妻沼中央公民館において、新型コロナワクチン接種にご尽力いただく皆様に説明会を開催しました。

説明会には、小林会長様をはじめ熊谷市医師会の皆様、牛島会長様をはじめ熊谷薬剤師会の皆様、また接種実施医療機関及びサテライト型接種施設に協力いただく病院や診療所の皆様にお集まりいただき、感染対策をしっかりと行いながら開催しました。

お集まりいただいた皆様には、市民の健康保持、増進にご尽力をいただいているほか、特に、新型コロナウイルス感染症への対応については、帰国者・接触者外来やPCR検査センターの運営、診療・検査医療機関としてPCR検査や発熱外来の実施など、市民の命をコロナウイルスから守るため、さまざまな形で御尽力いただいております。

現在、先行して実施されている医療従事者の方への接種に続き、いよいよ市民の皆様への接種も実施できる時期が近くなってまいりました。医療機関の皆様の御協力をいただきながら、円滑な実施、そして、安心して接種を受けていただけるようしっかりと準備を進めてまいりますので、引き続きのご支援ご協力をお願いいたします。

東日本大震災から10年

更新日:2021.03.11

 

平成23年3月11日に発生した東日本大震災から、今日でちょうど10年が経ちました。
改めまして、お亡くなりになられた方々、ご遺族の方々に哀悼の意を表するとともに、被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。

 

本市でも、市庁舎前には半旗を掲げ、市議会においても本会議の冒頭で黙とうを捧げました。

 

また、この節目の機会に、市のホームページやメール配信により、市民の皆さんに改めて「防災」を見直していただくことを呼びかけました。

ブログをご覧いただいている皆様も、今一度、防災について「今のうちにできること」を点検していただきますようお願いいたします。

 

※下線部をクリックしていただくと、市ホームページにつながります。