令和2年度 全国優良経営体表彰 農林水産大臣賞

更新日:2021.02.12

カテゴリー:BLOG,活動写真室

 

 

2月12日(金)、農林水産省及び全国担い手育成総合支援協議会主催の『令和2年度全国優良経営体表彰「販売革新部門」』で農林水産大臣賞を受賞された、TATA GREEN 株式会社 坂井孝行 代表取締役が報告に来てくれました。※下線をクリックすると、公式サイトにつながります)

 

坂井さんは、若い人たちが農業に興味を持つような『カッコイイを創造する農家』となることを経営理念・哲学に掲げ、平成24年に市内樋春でさつま芋の生産、さつま芋加工品の製造、加工品の販売を始められました。これまで埼玉県農業大賞「農業ベンチャー部門」、ディスカバー農山漁村(むら)の宝(第6回)「ビジネス部門」選定、熊谷市優良農家表彰「特別表彰」など数々の賞を受賞されています。

 

全国優良経営体表彰は、意欲と能力のある農業者の一層の経営発展を図るため、昭和61年から、農業経営の改善や地域農業の振興・活性化に優れた功績を挙げた農業者を表彰している歴史と権威のある賞で、消費者ニーズを踏まえた独自の市場開拓、特色ある農産物の強みを生かした生産・販売などの顧客に新たな価値を提供する独創性のある農業経営の取組が評価されたものです。

 

主催者は今回受賞のポイントとして、
①前職の証券トレーダー当時、世界の食料不足に危機感を持つと同時に食を守る職業である農業に興味を持つ。農業の後継者不足問題を目の当たりにし、自身が「カッコイイ農業」を実践することにより、今までにない強烈な農業ストーリーを作り、若い生産者を増やしたいとの思いで農業参入。
②平成24年に法人を設立し、さつまいもの生産に特化した取組に着手。さつまいもは土質の影響が味に左右すること、粘土層で生産する芋は食味で劣り販売面で苦戦を強いられたことから対応策を検討。クオリティーの高い芋とそうでない芋をいかに活用するか、焼き芋の売れ残りをどのように活用するかを考え、干し芋、ペースト、ソフトクリーム、ケーキ、プリン、ジャムなどを次々に商品開発。
③加工場を併設した店舗においては、10数品目の商品を展開し、イベント参加のPR活動とともに、フェイスブックやインスタグラムなどSNSを活用し情報発信。
④店舗販売を中心として、平日は150組、土日は各400組を集客。店舗展開当初は、10月から半年間の期間雇用であったが、年間雇用による人材確保を図るため、冷凍保存をしたさつまいもペーストを年間を通し活用すべく商品開発を行い周年雇用体制を確立。
⑤代表者の経営パートナーが会計・経理のほか、パートの出退勤希望に沿ったシフト、作業に合わせたスケジュール管理等役割を発揮、としています。

 

この受賞を励みとして、ますますご活躍されることを期待しています。