日別アーカイブ: 2020年12月18日

令和2年12月市議会定例会閉会

更新日:2020.12.18

本日、12月市議会定例会が閉会しました。一般会計補正予算をはじめ、「熊谷市子育て支援基金条例」など、市政の重要案件につきまして、慎重に御審議をいただき、いずれも原案のとおりお認めをいただきました。

この一年を振り返りますと、これまでに経験したことのない、非常に厳しい年となりました。新型コロナウイルス感染症は、瞬く間に世界中に広まり、我が国では学校の一斉休業の措置に続き、4月には政府による緊急事態宣言が発せられました。不要不急の外出の自粛や新しい生活様式の実践により、一時期は新規感染者が減少しましたが、緊急事態宣言が解除された後には、再び増加に転じ、今もなお、高い水準で推移しています。

家庭においても、また、外出先においても対策が講じられているにもかかわらず、未だに感染の拡大傾向は続いており、市民生活に大きな不安と、事業活動に大きな困難をもたらしています。
このため、本市では、特別定額給付金給付等の国の事業のほか、地域プレミアム付商品券の発行事業や学校給食費の無償化事業など、熊谷市独自の支援策を講じることで、市民の暮らしを守るとともに、事業の継続を下支えするためのあらゆる施策を実施してまいりました。

例年であれば、年末には帰省や旅行により、また、お正月には初詣や年始のあいさつ回りなど、人の移動が活発になり、親戚の集まる機会が増える時季であります。日本の風習として行われてきたこれらの行動が、感染を拡大させてしまうリスクになってしまうことには寂しさも感じます。有効なワクチンの接種が国内でも早期に開始されることが期待されるところですが、今は、自らと大切なご家族の、命と健康を守る行動をとっていただくことが何より最優先ですので、基本的な感染症予防策の徹底に努めていただくようお願いします。

不自由な生活が長引き、心が折れそうになることもあるかと思いますが、市民の皆様、事業者の皆様には、御自愛をいただき、ご健勝にて新年を迎えられますよう祈念申し上げます。