令和2年度全国学校体育研究最優秀校(文部科学大臣賞)、ひと涼みアワード2020 団結部門 最優秀賞受賞に係る表敬訪問

更新日:2020.11.05

カテゴリー:BLOG,活動写真室

前列左:荒川中 宇野校長 前列右:籠原小 黒田校長 後列左:荒川中 根岸教諭 前列右:籠原小 内田教諭

 

11月5日(木)、籠原小学校と荒川中学校から嬉しい報告がありました。

籠原小学校が、令和2年度全国学校体育研究最優秀校として文部科学大臣賞を受賞しました。全国各地から優良校97校が選ばれ、そのうち最優秀校は籠原小学校を筆頭に全国で4校のみの受賞となります。

また、荒川中学校は、ひと涼みアワード2020団結部門において最優秀賞を受賞しました。本市の「『暑さ対策』地域へ発信!中学生サポーター事業」の一環として、「ひんやりマスクプロジェクト」を立ち上げ、全国最高気温41.1度にちなんだ411枚の冷感マスクの作成・配付により、市民への熱中症予防啓発が高い評価をいただいたものです。

本市小・中学校の教育活動が充実していることを大変嬉しく思います。引き続き、学校・家庭・地域が連携を図り、本市の子供たちの健やかな成長に向け、取組が推進されることを期待しています。