星川とうろう流し(供養の祈り)

更新日:2020.08.17

カテゴリー:BLOG,活動写真室

 

灯篭流し1 灯篭流し2

8月16日(日)には、星川いこいの広場において「星川とうろう流し(供養の祈り)」が関係者のみで開催され、私も参列いたしました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、例年どおりの開催とはなりませんでしたが、厳かな雰囲気の中で住職さんによる読経や、経木流しなども行われました。

星川とうろう流しは、終戦前夜の熊谷空襲で亡くなられた方々の慰霊と恒久平和を祈念し、昭和25年から始まったものです。本市は、県内唯一の戦災指定都市として、戦争の惨禍を二度と繰り返すことのない社会と人類の恒久平和を一日も早く実現するために、「非核平和都市」を宣言しております。戦争や空襲の体験を語り継ぐこと、戦争や空襲の概要を知ることは、戦後を生きる我々にとって大切なことだと思います。

また、戦後75周年の節目として、8月30日まで「熊谷空襲とその前後の時代展」を熊谷市立図書館で開催しておりますので、足をお運びいただければ幸いです。