荒川中学校の生徒さんから「ひんやりマスク」をいただきました

更新日:2020.07.10

カテゴリー:BLOG

0710hinyarimask2

7月10日(金)に、荒川中学校の生徒が手作りした「ひんやりマスク」を市に寄附して頂きました。表は接触冷感生地、裏はさらし生地を使用した立体マスクになっており、本市の最高気温41.1℃にちなんで「411」枚を制作して下さいました。

この「ひんやりマスク」は、熊谷市「暑さ対策」地域へ発信!中学生サポーターの一環として、暑い夏を快適に過ごすために、「冷たいマスクがあったらいいなあ。」という生徒のつぶやきから制作が始まったそうです。

今回、荒川中学校から寄附していただいたマスクは、今後、来庁された市民の方に配布し、暑い夏に向けてご活用いただきたいと思います。

 

 

IMG_6565 0710hinyarimask1 IMG_6572

マスクの写真          生徒からの贈呈         懇談の様子