月別アーカイブ: 2020年4月

「STOPコロナ」 熊谷市独自の対策

更新日:2020.04.30

4月27日(月)の定例記者会見において、「STOPコロナ」 熊谷市独自の対策として実施する、小規模事業者や子育て世帯への支援など6つの事業を発表しました。また、国の緊急経済対策(一人10万円支給)を的確に進めるため5月1日に特別定額給付金室を設置します。事業の概要は次のとおりです。

 

1 「STOPコロナ」小規模事業者緊急支援事業

市内の小規模事業者を応援するため、1事業者に対し10万円を支給し街の活力維持を図ります。

 

2 「STOPコロナ」子育て支援臨時給付金給付事業

児童扶養手当の受給世帯等に、市独自の子育て支援臨時給付金を1世帯当たり3万円支給し、生活の安定を図ります。

 

3 「STOPコロナ」暮らしと仕事の情報提供事業

感染拡大の防止や国・県・市の支援制度等の情報分かりやすくまとめて市内全域に配布します。

 

4 「STOPコロナ」がんばれ熊谷応援寄附金の募集

市民の皆さんには、これまでも協力いただいていますが、より一層、自覚と思いやりをもって行動していただきたいと考え、募金箱の設置やふるさと納税のシステムを利用し、市内外から広く寄附をいただき、市が実施する感染防止等の対策経費に充てさせていただきます。

 

5 「STOPコロナ」たすけあい雨合羽寄附の募集

医療現場や救急等で不足する防護服等の寄附をお願いし、不足に備えます。

 

6 熊谷市教育委員会 WEB版「くまなびスクール」

新型コロナウイルスは、教育現場にも大きな影響を与えています。市立の幼稚園、小・中学校とも臨時休業となっていますので、オンラインでの家庭学習を充実させ、子供たちの学力を保障します。

 

7 特別定額給付金室の設置

国の緊急経済対策として、一人当たり10万円を支給する、特別定額給付金(仮称)の事務を適切に実施するためです。

市長講話を行いました

更新日:2020.04.24

●DSC_1157

新規採用職員研修の一環として、研修最終日の4月24日(金)に市長講話を行いました。

今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、必要最小限の内容にとどめ、マスク着用や換気など感染予防対策に十分配慮しながら実施しました。

講話では、本市が求める職員像や令和2年度事業の施策等について説明しました。続いて新規採用職員から自分が担当する仕事の内容と熊谷市の職員としての抱負についてスピーチをしてもらい、私からコメントをする形で、42名の新規採用職員一人ひとりと言葉を交わすことができました。各々の抱負を聞き、市政業務への意欲や今後の熊谷の将来を担う責任や自覚といった思いをひしひしと感じました。このフレッシュな若い力を今後の業務において存分に発揮し、市民の皆様に信頼される職員になるとともに、周りの人たちに対する優しさと思いやりをもった職員に成長してほしいと強く願っています。

サージカルマスクのご寄附について

更新日:2020.04.20

マスク渡し 全員

4月20日(月曜)に、株式会社アールディーシーの久志本(くしもと)社長から、新型コロナウイルス感染症の関係で品薄になっているマスク(サージカルマスク5,000枚)を、社会貢献の一環として本社(熊谷市石原二丁目1番地)のある熊谷市へ提供していただきました。
今回、寄附受け入れしたものは、今後の感染拡大に備えて活用したいと考えています。

市では、これまでご寄附いただいたマスクを学校や児童クラブ等に配布したほか、医師会や歯科医師会、私立保育園や私立幼稚園、高齢者福祉施設や障害者福祉施設等にも提供しています。

サージカルマスクのご寄附について

更新日:2020.04.16

集合-001 マスク提供-001

4月15日(水曜日)に、SAIGEN GROUPの彩源株式会社武笠(むかさ)社長から、新型コロナウイルス感染症の関係で品薄になっているマスク(サージカルマスク10,000枚)を、社会貢献の一環として工場(熊谷市御稜威ケ原)のある熊谷市へ提供していただきました。
今回、寄附受け入れしたものは、密接機会を避けづらい職種での感染予防に役立てる予定です。

熊谷市新型コロナウイルス感染症対策本部会議

更新日:2020.04.16

IMG_8573 IMG_8577

令和2年4月7日の国の緊急事態宣言を受け、同日、これまで14回行ってきた対策会議を法定本部として設置し直し、翌8日に通算では15回目となる「熊谷市新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を開催しました。

開催に当たっては、これまでも市民の皆様にお願いしておりました、密閉・密集・密接の「3密」を避けるため、会議室の窓を開けるなど換気を行う中、職員間の空間を2メートル程度と広めにとり、マスクの着用をした上での会議としました。

市内での感染確認や、市主催会議での対応基準、職員を2班に分けて接触時間を低下させる2班体制勤務などについて検討しました。

皆様もこれまで以上に人との接触機会を減らすとともに、手洗いや消毒、うがい、換気などの感染予防を徹底するなど、ご自身や、大切な方の身を守る行動をお願いいたします。

市長メッセージを収録しました

更新日:2020.04.13

●市長コロナ防災無線

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、国は、緊急事態を宣言しました。

私も、市民の皆様に直接メッセージをお伝えするため、防災無線を活用した収録を行いました。収録は4月10日(金)に行い、11日(土)、12日(日)にそれぞれ2回放送いたしました。

 

 

メッセージは次のとおりです。

市民の皆さん、市長の富岡 清です。新型コロナウィルスの感染拡大を受け、国は、緊急事態を宣言しました。不要不急の外出を自粛し、密閉・密集・密接を避け、手洗い・うがいを徹底するなど、感染予防に努めてください。生活必需品の買い占めなどせず、冷静な対応をお願いいたします。

サージカルマスクのご寄附について

更新日:2020.04.08

image5 image3

4月2日(火)に、本市に本社のある株式会社イズミ技研の佐藤会長様から、サージカルマスク3,000枚のご寄附をいただきました。現在、マスクの調達は非常に困難となっており、心から感謝を申し上げる次第です。本市では、今回ご寄付をいただいたマスクを医療機関中心に提供し、診療体制の維持につなげてまいりたいと考えております。

現在、世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大しています。状況は厳しさを増していることから、市民の皆様には、感染予防、体調管理に十分ご留意いただきますようお願いいたします。

令和2年度熊谷市表彰条例に基づく表彰

更新日:2020.04.04

●DSC_0820-1 ●DSC_0734

4月4日(土)、市長室において「令和2年度熊谷市表彰条例に基づく表彰」を行いました。今年度は、新型コロナウイルスの影響により、例年より規模を縮小しての表彰となりました。

文化功労表彰には、熊谷市文化連合副理事長、熊谷市美術家協会会長等の要職を歴任し、本市の発展と教育の振興などに貢献された清水信二氏、福祉功労表彰には、熊谷更生保護女性会会長、埼玉県更生保護女性連盟理事を務められ、本市の発展と市民福祉の向上に貢献された加賀﨑光江氏、産業功労表彰には、熊谷商工会議所会頭として地域・経済団体の振興に尽力されるとともに、ラグビーワールドカップ2019™の成功に寄与されるなど、本市の発展と商工業振興に貢献された大久保和政氏、自治功労表彰には、熊谷市議会議員を5期20年務め、平成22年には市議会議長に就任されるなど、本市の発展と地方自治の振興に貢献された新井昭安氏の4名の皆様を表彰させていただきました。

誠におめでとうございます。今後とも、市政進展のためご支援、ご協力くださるようお願いいたします。