年別アーカイブ: 2020年

令和2年仕事納め

更新日:2020.12.28

 

今年も残すところあとわずかとなりましたが、この一年いろいろなことがありました。1月12日には、ラグビーワールドカップ2019の熱気をそのままに、ラグビー国内最高峰の社会人リーグであるトップリーグが、国内各スタジアムとも大勢の観客を集めて開幕しました。熊谷ラグビー場にも1万8,000人のラグビーファンが集まり、パナソニック ワイルドナイツ対クボタ スピアーズの試合が行われました。ワールドカップの試合会場となった熊谷ラグビー場に大勢のファンが観戦に訪れたことに対して両チームの選手からは「国際試合のような盛り上がりを感じることができた」と感激の声が上がるなど、トップリーグの大成功を予感させる最高のスタートを切ることができました。
残念ながら、その後の新型コロナウイルス感染症の影響により、試合は中止となりましたが、7月には、パナソニック ワイルドナイツの本市への本拠地移転が発表され、スポーツ文化公園内にクラブハウスや宿泊施設が来年の8月の完成を目指して建設されています。ラグビータウン熊谷の大きな柱となるとともに今後の熊谷市の発展に大きく貢献をしてくれるものと期待しています。

この一年、新型コロナの影響で、市民生活や経済活動は大きく制限されました。本市においても、さくらマラソン、うちわ祭、花火大会など、多くのイベントが中止や大幅に規模を縮小して行われることとなりました。
コロナ禍において、暑さ対策も例年にない取組を求められました。夏場のマスクの着用は、体内からの熱の放出を妨げるなど熱中症のリスクを高めるものです。今年の暑さ対策の取組の一つである「熱中症に備えるガイドブック」に急遽、マスク着用時の留意事項を追加し注意を促しました。また、荒川中学校では、学校の取組として、新しい生活様式の中での「熱中症予防のポイント」をまとめたパンフレットとともに、生徒の皆さんが手作りした冷たくて涼しい「ひんやりマスク」を、最高気温41.1度にちなみ411セット寄附してくれました。大変好評をいただいたこれらの取組は、ひと涼みアワードでも高く評価され、熊谷市は熱中症ケア部門で、荒川中学校は団結部門で、それぞれ最優秀賞を受賞しました。熊谷市はこれまでも、トップランナー賞を6回受賞するなど毎年高い評価を得ていることから、今年は初の「殿堂入り」という最高の栄誉をいただきました。大変名誉なことであるとともに責任の重さを感じているところです。今後とも、熱中症ゼロを目標に対策を進めていきたいと思います。

一時は、収束の兆しが見えた新型コロナですが、感染症拡大の第3波により、全国で、一日あたりの感染者数は3,000人を超えるなど過去最多を更新し、本市でも11月以降、連日のように感染者が確認され、大幅に増加しています。
この年末年始は、3密を避け、不要不急の外出を控えるなど新しい生活様式の実践により感染症拡大防止に努めていただくとともに、飲酒の機会が増える時期となりますので、飲酒運転はしない、させないことはもとより、交通法規の遵守及び交通事故の防止を皆様にお願いいたします。

結びに、皆様が健やかに新年を迎えられますよう祈念申し上げます。

©熊谷市

パナソニックとのラグビーフットボールを通じた地域振興等に関する協定締結式

更新日:2020.12.25

 

12月25日(金)、太田市民会館において、太田市、大泉町、熊谷市及びパナソニック株式会社とのラグビーフットボールを通じた地域振興等に関する協定締結式を行いました。

締結式には、太田市 清水市長、大泉町 村山町長、パナソニック ワイルドナイツの皆さんにご出席をいただきました。この協定は、私ども「ラグビータウン熊谷」はもとより隣接する両市町が一体となり、行政とワイルドナイツがスクラムを組みながら、ラグビーを軸として地域全体を盛り上げていこうとするものです。

来年1月17日には、熊谷ラグビー場にNECグリーンロケッツを迎え、待ちに待ったワイルドナイツのトップリーグ開幕戦が行われます。コロナ禍の中で、入場制限も予定されているようですが、精一杯の応援をしていきたいと思っています。

これを契機に、群馬・埼玉から多くのラグビーの情報を発信し、ワイルドナイツチームとともに日本ラグビーの発展にも寄与していきたいと考えていますので、皆様のご支援ご協力をお願いいたします。

 

 

令和二年度熊谷市優良農家表彰式

更新日:2020.12.25

 

12月25日(金)、令和2年度熊谷市優良農家表彰式を行いました。

それぞれの経営分野において、自然的、社会的、経済的に困難な問題を克服するため、経営の合理化や生産技術の向上に努められ、高い技術による、高品質な農産物を生産されるとともに、地域農業の担い手としてご活躍され、地域の模範となっている皆さんです。

受賞された方々は、写真左から小久保 新一 様、小林 恒雄 様、坪井 良治 様、私、石原農業委員、長谷川音弥様、株式会社ファーム小澤様です。ご都合により欠席となりましたが、遠藤ファーム株式会社様、農業生産法人株式会社ウエテック様、TATA GREEN 株式会社 様が受賞されました。  

受賞された皆様には、今後も、後進や地域での指導を通じて、本市農業の発展に引き続きご尽力をいただきますようお願いいたします。

 

 

 

 

緑白綬有功章受章を報告いただきました

更新日:2020.12.25

 

12月25日(金)、奈良新田在住の福田和明さんが、本年11月16日、大日本農会(総裁:秋篠宮皇嗣殿下)から授与された「緑白綬有功章」受章の報告に来ていただきました。

福田氏は県庁入庁以来、米麦の高品質・安定生産・二毛作体系の確立、露地野菜産地の進行など地域農業の農業振興と普及指導員の育成に尽力され、退職後も、営農指導員の指導を行うほか、自らが中心となって立ち上げた集落営農組織の担い手として活躍し、地域農業の維持・発展に貢献されている功績などが認められたものです。

今後のますますのご活躍をご祈念いたします。

第44回全日本U-12サッカー選手権大会出場 江南南サッカー少年団

更新日:2020.12.24

12月23日(水)には、江南南サッカー少年団の皆さんが、第44回全日本U-12サッカー選手権大会の埼玉県大会の優勝と全国大会出場を報告に来てくれました。

今年の大会は、12月26日(土)~29日(火)の日程で鹿児島市で開催され、同大会にに埼玉県代表として出場するのは、2年ぶり8回目となります。

大会の登録選手は20名ですが、メンバーを代表して箱田主将をはじめ熊谷市の小学校に通学している4人の6年生と関係者の皆さんにお出でいただきました。私からは、選手には激励を、指導者や保護者の皆さんには日頃のご労苦へのお礼や感謝を申し上げるとともに子どもたちの安全な引率をお願いました。

選手の皆さんには、これまでの練習の成果を思う存分発揮し、現在、ドイツのブンデスリーガで活躍している原口元気選手などを擁し全国優勝した2003年の第27回大会以来の優勝を期待しています。

備前渠用水路が「世界かんがい施設遺産」に登録されました

更新日:2020.12.21

左2番目から茂木副理事長、髙田理事長、私、常見副理事長

 

12月21日(月)、「備前渠(びぜんきょ)用水路」が令和2年12月8日に国際かんがい排水委員会(ICID)国際執行理事会において、「世界かんがい施設遺産」に登録されたことを、同土地改良区の皆さんが報告に来てくれました。

「世界かんがい施設遺産」とは、かんがいの歴史・発展を明らかにし、理解醸成を図るとともに、かんがい施設の適切な保全に資するために、歴史的なかんがい施設を国際かんがい排水委員会(ICID)が認定・登録する制度で、平成26年に創設されました。昨年までに世界で91施設、国内では39施設が登録されており、県内では見沼代用水に次いで2例目となります

備前渠用水路は利根川から取水し、埼玉県北部の本庄市、深谷市、熊谷市を流れ、利根川右岸約1,400haの水田にかんがい用水を供給する延長約23kmの農業用水路です。1604年に、江戸幕府代官頭の伊奈備前守忠次により、1年間という期間で開削された埼玉県で最古級の用水路で、伊奈備前守の官名から「備前堀」の愛称で親しまれています。

この登録により、かんがい施設の持続的な活用・保全方法の蓄積、研究者・一般市民への教育の機会の提供、かんがい施設を核とした地域づくりも活用されることが期待されます。

消毒液をいただきました

更新日:2020.12.21

12月21日(月)に、くまがや農業協同組合様から、地域貢献の一環として、消毒液(次亜塩素水除菌剤)を1,080本いただきました。

学校における新型コロナウイルス感染症予防対策に活用させていただきたいと思います。

令和2年12月市議会定例会閉会

更新日:2020.12.18

本日、12月市議会定例会が閉会しました。一般会計補正予算をはじめ、「熊谷市子育て支援基金条例」など、市政の重要案件につきまして、慎重に御審議をいただき、いずれも原案のとおりお認めをいただきました。

この一年を振り返りますと、これまでに経験したことのない、非常に厳しい年となりました。新型コロナウイルス感染症は、瞬く間に世界中に広まり、我が国では学校の一斉休業の措置に続き、4月には政府による緊急事態宣言が発せられました。不要不急の外出の自粛や新しい生活様式の実践により、一時期は新規感染者が減少しましたが、緊急事態宣言が解除された後には、再び増加に転じ、今もなお、高い水準で推移しています。

家庭においても、また、外出先においても対策が講じられているにもかかわらず、未だに感染の拡大傾向は続いており、市民生活に大きな不安と、事業活動に大きな困難をもたらしています。
このため、本市では、特別定額給付金給付等の国の事業のほか、地域プレミアム付商品券の発行事業や学校給食費の無償化事業など、熊谷市独自の支援策を講じることで、市民の暮らしを守るとともに、事業の継続を下支えするためのあらゆる施策を実施してまいりました。

例年であれば、年末には帰省や旅行により、また、お正月には初詣や年始のあいさつ回りなど、人の移動が活発になり、親戚の集まる機会が増える時季であります。日本の風習として行われてきたこれらの行動が、感染を拡大させてしまうリスクになってしまうことには寂しさも感じます。有効なワクチンの接種が国内でも早期に開始されることが期待されるところですが、今は、自らと大切なご家族の、命と健康を守る行動をとっていただくことが何より最優先ですので、基本的な感染症予防策の徹底に努めていただくようお願いします。

不自由な生活が長引き、心が折れそうになることもあるかと思いますが、市民の皆様、事業者の皆様には、御自愛をいただき、ご健勝にて新年を迎えられますよう祈念申し上げます。

熊谷次郎直実像ライトアップ

更新日:2020.12.02

ライトアップされた熊谷次郎直実像

12月1日(火)には、熊谷商工会議所青年部主催の「直実公ライトアップ点灯イベント」が熊谷駅正面口ロータリーで開催され、私も伺って挨拶をしました。

このイベントは、本市に拠点施設を移転すると発表した「パナソニック ワイルドナイツ」のチームカラーである青色で直実像をライトアップすることで、来年1月から始まるジャパンラグビートップリーグ2021での応援を呼びかけるとともに、市も一緒に盛り上がりたいとの思いが込められています。

このほか、ラグビーにちなんだ曲目の演奏や、熊谷市民なら誰もが知っている「直実節」の踊りの披露もあり、直実像が鮮やかな青色にライトアップされると大きな歓声が上がりました。

また、星川では、イルミネーションの装飾や、星川広場にトリックアートを描いています。

ライトアップは、日没から23:00、イルミネーションは、日没から22:00まで、それぞれ来年3月末まで行われるとのことですので、ぜひ、皆様にお出かけいただきたいと思います。

 

 

 

 

星川のトリックアート

星川イルミネーション

路上ライブ

第22期 自衛官候補生課程の入隊式及び入校式

更新日:2020.12.01

 

12月1日(火)、第22期 自衛官候補生課程の入隊式及び入校式が航空自衛隊熊谷基地で挙行され、私も祝辞を述べさせていただきました。。

今回は、新型コロナウイルス感染症の影響により、規模を縮小しての開催となりましたが、入校・入隊された皆さんには、21世紀の我が国の防衛を担う若人として、正しい判断と冷静かつ勇敢な行動が求められており、国民は大きな関心と期待を寄せております。

熊谷市は、かつては飛行学校が開設された地でもあります。自衛官としての崇高な使命と誇りを持って研鑽を積まれることを期待するとともに、今後のご活躍と関係皆様のご健勝、ご多幸をご祈念いたします。