故金子兜太さんのお別れの会

更新日:2018.06.22

カテゴリー:BLOG,活動写真室

故金子兜太さんお別れの会

皆さん、こんにちは。

6月22日(金)には、有楽町朝日ホールで、2月に亡くなられた俳人・金子兜太さんを偲びお別れの会が開かれました。俳壇関係者をはじめ、親交のあった各界の約800人が参列され、私も献花を行うとともに黙とうをささげました。このお別れの会では、在りし日の金子さんの姿を収めたビデオが上映され、発起人代表で現代俳句協会特別顧問の宮坂静生氏は、お別れの言葉のなかで「水脈(みお)の果て炎天の墓碑を置きて去る」などの代表句を読み上げ、戦時中の体験等から「戦争は悪であり、反戦平和のために尽くす信念」を貫かれた俳人・金子兜太さんの生きざまをたたえました。改めて、熊谷市に居を構えてから50年、本市の文化の向上・発展にご尽力いただいた先生の偉大な足跡を偲ぶ機会にもなりました。