H.29年度当初予算(案)概要

更新日:2017.02.17

カテゴリー:BLOG

皆さん、こんにちは。

平成29年度の当初予算(案)の概要がほぼ固まりましたので、14日記者会見を開き、主要事業について報告をしました。一般会計は643億円、特別会計は339億円、水道事業会計は66億4千万円で、予算総額は1,048億4千万円となり、本年度の当初予算に比べて1.78%の増加となりました。

予算編成に当たっては、現行の第1次総合振興計画と、私が先の選挙で掲げた政策提言の最終年度となりますので、それぞれに位置付けられた事業の早期実現を目指した、総仕上げに相応しい積極的な予算としたところです。特に、ラグビーワールドカップ2019の開催まで、残すところ2年となりますので、大会の成功に向け、機運醸成のための啓発事業をはじめ、外国人を含む多くの観光客をお迎えするための準備や大会会場までのアクセス道路網の整備を進めます。また、私が市長就任以来、「子育てするなら熊谷市」の実現に向け力を入れている出産・子育て支援策として、妊娠期から子育て期までの様々なニーズにワンストップで対応できる「子育て世代包括支援センター運営事業」をはじめ、学力日本一を目指し、これまで中学生を対象に実施してきた「学習支援充実くまなびスクール事業」を小学生に拡大、また快適な教育環境を図るため、小・中学校のトイレを計画的に洋式化するための事業を実施します。この他、市内経済の活性化を図るための「プレミアム付商品券発行事業」や市民と行政が協働して地域の課題解決に取り組む「熊谷の力」事業、市民生活に直結した安心・安全のための事業などに優先的、重点的な予算配分を行っています。

これらの予算案は、来月1日に開会される3月定例会に提出し、議会で御審議いただくこととなります。