日別アーカイブ: 2016年12月19日

「おいでよ熊谷!新幹線らく賃通勤事業」

更新日:2016.12.19

皆さん、こんにちは。

今年の世相を表す漢字に「金」が選ばれました。「金」が選ばれるのはいずれもオリンピックイヤーで通算3度目とのことです。少子化の進展に伴い、将来的な人口減少社会の到来に備えるため、自治体間においては人や企業を呼び込む競争が激しさを増しています。このような中で、本市も自治体の「金メダル」を目指して人口増加策に取り組んでいますので、その中から独自性のある事業を一つ紹介したいと思います。本市に転入し、市内に住宅を新築または購入した40歳未満の方が新幹線を利用して通勤する場合に、新幹線定期券購入代金の一部を2年間助成(上限2万円/月)する「おいでよ熊谷!新幹線らく賃通勤事業」を今年度から始めています。熊谷駅から東京駅へ通勤する場合、在来線では78分かかりますが、新幹線を利用すれば半分の39分で済み、通勤時間が大幅に短縮されます。利用者は、新幹線通勤による時短で、育児や地域活動などに時間を振り分けることができますし、熊谷駅から東京駅まで新幹線を利用する場合、2万円弱の負担で快適な通勤が実現します。このように、新幹線停車駅を有するといった「市の強み」を生かした事業を実施していくことで市の魅力の向上に努め、人や企業から選ばれる自治体を目指していきたいと考えています。