月別アーカイブ: 2016年11月

国民保護実動訓練

更新日:2016.11.30

皆さん、こんにちは。

11月23日の勤労感謝の日、熊谷スポーツ文化公園において埼玉県と合同で「国民保護実動訓練」を実施しました。「国民保護」とは、武力攻撃やテロ攻撃から国民の生命、身体及び財産を保護し、国民生活に及ぼす影響を最小にするため、国、自衛隊、警察、消防、自治体などが連携し、国民を守ることを言います。当日は、陸上競技場で行われているイベントの最中に、化学剤及び爆発物を用いたテロが発生したとの想定のもと、熊谷市消防、陸上自衛隊、埼玉県警などの関係機関が協力し、イベントに来場していた観客の避難誘導、救出救助、救護、除染、重傷者のヘリ搬送などの訓練を行いました。地元自治会の皆さんや熊谷市医師会看護専門学校、熊谷市医師会附属準看護学校の生徒さんにも観客や負傷者役として協力していただきました。本市は3年後に、世界中から大勢のラグビーファンをお迎えする「ラグビーワールドカップ2019」の開催を控えていますから、こういった訓練を積み重ね、関係機関との連携や協力体制をより一層強固にしたいと考えています。

dsc_0706 dsc_0712 dscf4169

 

移住交流情報フェア

更新日:2016.11.29

皆さん、こんにちは。

総務省が開設した東京駅近くにある「移住・交流情報ガーデン」において、今月19日、20日に「埼玉県北部7市町 移住交流情報フェア」を開催しました。熊谷市へ移住を希望する方々に対して、本市の住みやすさや子育てのしやすさを始め、転入者を対象とした各種助成制度や、観光物産等について私から直接説明したほか、来場者に地元農産物など魅力の詰まったプレゼントを配布するなど、トップセールスを行って来ました。人口減少に歯止めをかけ、活力ある地域を創生するために、今後も引き続き、本市の魅力を内外に向けて積極的に発信していきたいと考えております。

dsc_1598             dsc_1603

 

知事のとことん訪問

更新日:2016.11.28

 

皆さん、こんにちは。

上田清司埼玉県知事の「とことん訪問」が行われ、私も視察に同行しました。はじめに、妻沼地区にある共和真空技術株式会社を訪問し、工場の視察や意見交換を行いました。当企業は、注射用医薬品、インスタント食品等の製造に不可欠なフリーズドライを行う凍結乾燥機の製造で国内トップシェア(8割)を占め、医薬用、食品用の全てを製造する業界唯一の専業メーカーであり、世界初の全密閉系凍結乾燥機や三重熱交換トラップ方式など世界屈指の高水準技術を持ち、国内外で高い評価を得ています。次に、イオン熊谷店内で「子育てネットくまがや」が運営する「0.1.2.3さい くまっぺ広場」を訪問し、たくさんの子育て中の親子とのふれあいやスタッフとの意見交換を行いました。当法人は「くまっぺ広場第2」として熊谷市スポーツ文化村(くまぴあ)内にも地域子育て支援施設を運営しており、両施設の年間利用数は約13,000組で県北最大となっています。本日2か所の訪問は知事をはじめ同行いただいた地元3県議会議員の皆様にとりましても大変有意義な視察をしていただけたものと思っています。

281109tokotonhomon02     dsc_6243

熊谷高等学校ハートフル・ミーティング

更新日:2016.11.10

皆さん、こんにちは。

私の母校である熊谷高等学校2年生の生徒さん25人とハートフル・ミーティングを実施しました。このミーティングは、市政について、ひざを交えて自由に意見交換を行うものです。これまでに、小学校区の市民の方や中学生と定期的に実施してきましたが、高校生を対象とした開催は、今回が初めてとなりました。和やか且つ活発な雰囲気の中、ミーティングが進行し、市外から通学している生徒さんから、外からの視点で熊谷市を見た質問や提案をいただくなど、内容の濃い有意義な意見交換となり、時間が足りない状況となりました。これからも将来を担う若者たちの声を積極的に聴いて、市政運営の参考にしていきたいと考えております。

dsc_9672  dsc_9789

暑さ対策日本一

更新日:2016.11.01

皆さん、こんにちは。

嬉しい話題をひとつご報告します。環境省をはじめとする官民7,137団体で構成される「熱中症予防声かけプロジェクト」が主催する「ひと涼みアワード2016」において全国の行政・企業・団体の中で、今年度の暑さ対策の取組が最も優秀であると認められた28団体によるプレゼンテーションが行われ、28団体の互選による審査の結果、本市が23票を獲得し、行政から1団体のみ選ばれる「トップランナー賞」を受賞いたしました。ひと涼みアワードが開始されて5年となりますが、この間、暑さ対策日本一といえる「トップランナー賞」の受賞は4回目となります。市民の皆さんの健康を守ることを第一に、「暑さ対策プロジェクトチーム」が考案した熊谷オリジナルの暑さ対策をはじめ、多くの事業に取り組んできた成果であり、本市における熱中症患者は、軽症の人の割合が多いなど、市民の皆さんに熱中症の怖さが着実に理解されてきているところですが、来年も熱中症ゼロを目指して、しっかりと暑さ対策に取り組んで参ります。

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e8%b3%9e      %e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bc%9a%e5%a0%b4