女性の活躍について

更新日:2016.08.04

カテゴリー:BLOG

皆さん、こんにちは。

 今年は、昭和21年、女性が初めて参政権を行使してから、70年という節目の年であります。先月の参議院議員選挙では、過去最多となる28人の女性が当選し全体の23%を占める結果となりました。続いて行われた東京都知事選挙では、小池百合子元防衛相が当選され、首長公選制が導入された戦後で9人目にして初の女性都知事となり、全国では、大阪府の太田房江元知事以来7人目だそうです。世界的にもアメリカのクリントン氏やイギリスのメイ首相等、女性がトップリーダー的な立場に就く流れがあるようです。そのような中、昨日、第3次安倍再改造内閣が発足し、女性閣僚は改造前と同じ3人でありましたが、特に、丸川氏を五輪相に起用し、東京五輪・パラリンピックの成功のため、小池都知事と連携を図っていきたいという思いが伝わって来ます。本市では、現在30人の議員さんの内、5人の女性議員さんが活躍されており、女性の管理職員数も年々増加傾向にあります。今後も、女性が様々な場面で更なる活躍をしていただくことを強く望んでおります。