水不足の関東地方

更新日:2016.07.12

カテゴリー:BLOG

皆さん、こんにちは。

 現在、関東地方はまとまった雨が降らず深刻な問題になりつつあります。利根川水系の主要なダムの貯水率が平年の半分程度になっており、特に、矢木沢ダムでは7月12日時点25.6%の貯水率でこのままいけば涸れるという状況だそうです。現に、取水制限が一部で行われ始めています。過去に遡ると、平成6年、平成8年、平成13年に大幅な水不足となった年であり、また、東京オリンピックの年の昭和39年の首都圏の夏は大変な水不足でしたが、9月には大量に雨が降り、無事10月の開催を迎えたという記録も残っています。例年、うちわ祭り時には梅雨明けとなることが多いですが、それまで節水を心掛けながら恵みの雨に期待しましょう。市民の皆様に熊谷のおいしい水をいつでも供給できるようにしたいと思っております。