暑さ対策事業

更新日:2016.05.23

カテゴリー:BLOG

 みなさん、こんにちは。

 本市では夏の暑さや熱中症対策として、独自の事業に取り組んでいます。今年度も新たな事業を加えましたので、そのいくつかを紹介いたします。市役所本庁舎1階と熊谷図書館1階では、アロマオイルの香りによる清涼感やリラクゼーション効果によって利用者の快適性の向上を図るための装置を設置しました。他に、立正大学社会福祉学部に委託したもので、学生さんが、保育園児等へ紙芝居や寸劇を通して熱中症の予防策を教える、暑さに強い子「かんげき」事業であります。吉見保育所を皮切りに、6月上旬までに市内の全公立保育所とあかしあ育成園において実施いたします。また、環境省のモデル事業として、市内循環バス市役所前バス停において余剰地下水等を利用し体感温度を下げる調査・検証事業が行われています。いずれにしましても、「暑さ対策日本一」のまちとして、積極的に各種事業を進めるとともに、夏の暑さから市民皆様の健康を守っていきたいと考えております。

DSC_2594DSC_1740