熊谷さくら流鏑馬

更新日:2016.03.25

カテゴリー:BLOG

みなさん、こんにちは。

おとといの23日に熊谷でも、さくらの開花が観測されました。これは、平年より6日早く、昨年より4日早いということです。これで春本番と思いきや、昨日から寒の戻りとなってしまいましたが、熊谷桜堤で行われる恒例の熊谷さくら祭が今日から4月8日までの期間開催されます。 期間中は露店が立ち並び、夜6時から9時まで夜桜のライトアップも実施します。

今年の祭り期間中の目玉イベントとして、4月2日の土曜日に、本市として初めて「熊谷さくら流鏑馬(やぶさめ)」を開催します。流鏑馬は、馬に乗って走りながら和弓を使い、鏑矢(かぶらや)で三枚の的を射当てる日本の伝統的な騎射の技術・儀式です。我が郷土の武将、熊谷次郎直実は幼名を「弓矢丸」といい、弓の名手で武芸に秀でていたとも伝えられており、流鏑馬に関する逸話も多いそうです。

満開の桜提を背に勇壮にして華麗な伝統武術と桜の競演を、是非多くの皆さんに楽しんでいただきたいと思っています。