文化財防火デー

更新日:2016.01.26

カテゴリー:BLOG

みなさん、こんにちは。

今日は、文化財防火デーです。今年は暖冬と言われていましたが、いま強烈な寒波が日本を襲っており、昨日は、全国の9割を超える観測地点で、最低気温が0度未満の冬日となったそうです。本市でも低温、乾燥注意報が発令され、特に火災には厳重な注意を払う必要があります。

そんな中、一昨日の日曜日、江南にある国指定重要文化財の平山家住宅において、文化財防火デーに伴う火災防御演習訓練が実施されました。この「文化財防火デー」は、昭和24年1月26日、法隆寺金堂から出火し、国宝の十二面壁画の大半が焼損してしまったことを契機に昭和30年に定められたもので、この時期になると全国各地で、文化財関係者・消防機関・地域住民が協力して消防訓練が実施されています。

本市には、国、県及び市指定の文化財が各地区に多数点在しています。火災による焼失などから保護し、後生に残すことは、私たちにとって極めて重要な責務です。訓練に参加した皆さんの真剣な取り組み、機敏な行動を目の当りにし、火災に対する警戒心を新たにするとともに、大変心強く思いました。 

 

   IMG_8286      IMG_8296