月別アーカイブ: 2015年9月

立正大学講師

更新日:2015.09.30

みなさん、こんにちは。

先日、見晴町、石原において大変痛ましい事件が発生しました。何の罪もない市民の尊い命が奪われたことは痛恨の極みであり、お亡くなりになられた方々に心より哀悼の意を表したいと思います。

さて、本市では市内にある立正大学法学部の講師として本市職員を派遣することになりました。「現代社会と法8」全15回の講座で熊谷市の現状と課題、将来像といったものを各部門担当の職員が学生に分かりやすく講義するというものです。大学の正式なカリキュラムで、学生には単位が認定されます。DSCN6867

その初回の講義が本日行われ私が講師を務めました。「人が集い、みらいを語れるまち熊谷」の題目で講演し、その後学生からの質問に答えるという授業でした。公務員志望や市役所の仕事に興味があるなど学生の聴講の動機は様々で、暑さ対策やラグビーワールドカップ開催への取組といった話題が特に印象に残ったという学生もいました。

今後は毎週、市の各部署の職員が講義を行うことになりますが、職員のプレゼンテーション能力が向上することや、また、熊谷市役所あるいは市内企業を志望し、将来本市に定住する学生が現れることを期待したいと思います。

二百二十日

更新日:2015.09.11

みなさん、こんにちは。

きょう11日は、雑節の「二百二十日(にひゃくはつか)」、立春から数えて220日目にあたり、「二百十日」とともに台風が来襲する農家の厄日とされています。

昨日、茨城県常総市で鬼怒川の堤防が決壊し、テレビに映し出された濁流にのまれる住宅街の映像に思わず言葉を失いました。栃木、茨城両県で特別警報が発令されるなど各地にもたらされた記録的な大雨は、台風18号に伴い太平洋から流入したあたたかく湿った空気によって次々とできた積乱雲が帯状に並ぶ「線状降水帯」の発生によるものだそうです。

この「線状降水帯」、一昨日は本市上空にあり、午後1時からの4時間で70ミリの豪雨をもたらしました。実は、一昨年、本市を襲った竜巻も今回と同じ台風18号によるものでしたので、内心大変心配していました。

「二百二十日」のきょうは、東日本大震災から4年半という節目の日でもあります。地震や台風、集中豪雨、火山噴火といった事象は防ぐことができませんが、自分や家族の命を守るために何をなすべきか、をあらためて考えてみる日にしたいと思います。

マイナンバー

更新日:2015.09.04

みなさん、こんにちは。

昨日から9月市議会定例会が始まりました。今定例会では、「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」いわゆる「マイナンバー法」の施行に伴い、関係条例5件を提案し審議いただくことになっています。

この「マイナンバー」、正式名は「社会保障・税番号」といい、今年10月5日時点の住民票を基に、外国人を含む日本に住む全ての人に、原則として一生変わらない12桁の番号「個人番号」を割り振るものです。

納税や社会保障給付などの情報を個人番号を使って一元的に把握することで、行政事務の効率化や国民の利便性向上を図るものといわれていますが、昨日、内閣府が発表したマイナンバー制度に関する世論調査によると、同制度の「内容を知らない」との回答が5割超に上ったということです。

来年1月からの運用開始を控えて、来月以降、郵送で各世帯に番号を通知することになります。国を挙げて国民への周知を図る必要がありそうです。