朔旦冬至

更新日:2014.12.22

カテゴリー:BLOG

みなさん、こんにちは。

今日は冬至です。ご承知のとおり、一年の中で昼が最も短い日ですが、今年の冬至は普段の冬至とはちょっと違い、「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と呼ばれる特別な冬至です。これは、新月と冬至が重なる年の冬至のことで19年に1度しか訪れないということです。

冬至は極限まで弱まった太陽が復活する日、そして、新月はこれから満月に向かって満ちていく月が復活する日とされ、太陽と月の復活の日が重なる朔旦冬至は、非常におめでたい日だとされ、古くから朝廷でもいろいろな儀式が行われたそうです。

朔旦冬至に限らず冬至の定番は、カボチャとゆず湯です。冬至には「ん」がつくものを食べると「運」が付くと言われていて南京(カボチャ)、にんじん、だいこん、れんこん、きんかんなどを食べるとよいとされています。

また、朔旦冬至は願い事をすると叶うと言われていますので、期待をもって願い事をするのも良いでしょう。私は、市民の幸せと災害のないこと、そして、ラグビーワールドカップ開催地に選ばれることをお願いしてみます。