月別アーカイブ: 2014年12月

仕事納め

更新日:2014.12.26

みなさん、こんにちは。

今日は仕事納め、今年も残すところあと僅かとなりました。一年を振り返ってみますと、本市にも様々な出来事がありました。

2月には熊谷地方気象台観測史上最も多い62㎝という積雪を記録し、市民生活や農作物に甚大な被害がもたらされました。この教訓を今後の本市の災害対策に生かし、防災・減災への取組を一層強化してまいります。

また、暑さ対策の本市の取り組みが、官民の中で最高評価である「トップランナー賞」を受賞することができました。市民皆様の健康を第一にこれからも事業の充実を図ってまいります。

さらに、ラグビーワールドカップ2019招致へ向け開催地の立候補をしたこと、仁川アジア・アジアパラ大会で競泳、ラグビー、陸上競技などで本市市民が活躍したことなど、このほかにも取り上げたいニュースは多数ありましたが、市政に関しましては、おかげさまで、この一年間、概ね順調に推移したものと考えています。

来年の干支である「未(ひつじ)」は、群れをなして暮らす姿から、家族の安泰や平和をもたらす象徴とされています。来年が災害もなく平和で、そして市民皆様が御家族揃って健やかに新年を迎えられますことを祈念申し上げます。

朔旦冬至

更新日:2014.12.22

みなさん、こんにちは。

今日は冬至です。ご承知のとおり、一年の中で昼が最も短い日ですが、今年の冬至は普段の冬至とはちょっと違い、「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と呼ばれる特別な冬至です。これは、新月と冬至が重なる年の冬至のことで19年に1度しか訪れないということです。

冬至は極限まで弱まった太陽が復活する日、そして、新月はこれから満月に向かって満ちていく月が復活する日とされ、太陽と月の復活の日が重なる朔旦冬至は、非常におめでたい日だとされ、古くから朝廷でもいろいろな儀式が行われたそうです。

朔旦冬至に限らず冬至の定番は、カボチャとゆず湯です。冬至には「ん」がつくものを食べると「運」が付くと言われていて南京(カボチャ)、にんじん、だいこん、れんこん、きんかんなどを食べるとよいとされています。

また、朔旦冬至は願い事をすると叶うと言われていますので、期待をもって願い事をするのも良いでしょう。私は、市民の幸せと災害のないこと、そして、ラグビーワールドカップ開催地に選ばれることをお願いしてみます。

メガソーラー

更新日:2014.12.17

みなさん、こんにちは。

昨日、12月議会の一般質問が無事終了しました。DSC_6834

今日は、新奈良川の第2調節池に建設を進めてきた太陽光発電所が完成し、竣工式に行ってきました。

この発電所は河川調節池に建設されており、これは国内では2例目であり、調節池の機能を維持したまま太陽光パネルを設置するため架台を高くしてあります。また、発電容量が約1.9メガワットであり、本市で初のメガソーラー(1,000kwh以上の発電容量)であります。

この事業は、平成24年12月に本市が募集を開始した「熊谷市メガソーラー発電事業」に、株式会社バイテックが応募し、昨年4月に基本協定締結、今年の4月に工事着工し、この度、ようやく完成したものです。

この発電所により一般家庭約760戸分の電力を賄うことができ、再生可能エネルギーの普及拡大や地球温暖化対策に大きく寄与するものと思います。

今後も、熊谷市地球温暖化対策地域推進計画に基づいて、積極的に温暖化対策を進めていきます。

生命(いのち)の授業

更新日:2014.12.08

みなさん、こんにちは。

今日、大幡中学校で「生命(いのち)の授業」を参観してきました。 この「生命(いのち)の授業」は、がん教育の授業を通じて、がんに関する正しい知識と「いのち」の大切さ、身近にいるがん患者、家族に対する思いやりの気持ち等をこどもたちに考えてもらうものです。 生命(いのち)の授業

本市では、市民活動団体と市が協働で事業を実施し新たな発想や手法によって、まち(地域)の課題を解決するために、“市民協働「熊谷の力」事業”を推進しています。「生命(いのち)の授業」は、その中の一つで、「くまがやピンクリボンの会」の皆さんと協働で実施しています。

授業は、くまがやピンクリボンの会の皆さんが講師となり、サバイバー(がん経験者)である方のがん経験談や、実際にお子さんをがんで亡くされたお母さんのお話など、講師の伝えたいたくさんの思いが込められたとても素晴らしい授業です。

児童・生徒にとって、大きく心に響くとともに、長く心に残るものとなることでしょう。