ラグビーW杯開催地立候補

更新日:2014.11.06

カテゴリー:BLOG

みなさん、こんにちは。

4年に1度の「ラグビー世界一決定戦」、ラグビーワールドカップ。

オリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ世界の三大スポーツイベントと言われています。前回の2011年のニュージーランド大会では20チームが出場、全48試合で145万人、2007年のフランス大会では225万人の観客を動員しています。

このビッグイベントが2019年に日本での開催が予定されており、その試合開催地として埼玉県・熊谷市を含め全国から14の自治体が立候補しました。

ただし、想定される会場は、10~12といわれており、開催地が決定するのは来年3月となっています。

本市は熊谷ラグビー場という全国に誇る専用ラグビー場を有しています。本市が選定されれば、本市や埼玉県を世界にアピールできるまたとない絶好の機会となります。

招致の実現に向けて県、関係団体とともに全力で取組んで参りますが、なによりも市民、県民の皆様の盛り上がりが重要と考えております。

皆様の絶大なるご支援ご協力をよろしくお願いいたします。