月別アーカイブ: 2014年10月

秋の読書週間

更新日:2014.10.28

みなさん、こんにちは。    

昨日の27日から秋の読書週間が始まりました。

読書週間は、「文化の日」を挟んで前後1週間の10月27日から11月9日までと定められています。この間に読書を推進する行事が全国で行われています。

年間を通して進められているものに「朝の読書」運動があります。「朝の読書」運動とは、小学校、中学校、高校で授業が始まる前の10分間、児童、生徒と教師の全員が一斉に本を読む活動のことです。

昭和63年に千葉県の私立高校の教諭の提唱で始まったもので、文部科学省が平成13年に「21世紀教育新生プラン」の一つとして取上げてから盛んになり、今では全国の約80%の小、中学校、44%の高校で実施されているそうです。

朝読書で集中力がつく、遅刻をしなくなる、落ち着いて授業ができるなどよい効果が出ているそうです。もちろん本市のほとんどの小中学校でも実施しています。

日本人の活字離れが進んでいると言われていますが、どこでも手軽にできる、それでいて様々な知識や夢を与えてくれる読書。今年の読書週間の標語は「めくる めぐる 本の世界」。皆さんも朝読書ならぬ、秋の夜長、本と親しんでみては。

観光協会ホームページ

更新日:2014.10.22

みなさん、こんにちは。

ここ数日の涼しさで市役所通りのケヤキもいくらか色づきはじめました。

「食欲の」「スポーツの」「読書の」「芸術の」など、さまざまな言葉が冠される秋、何をするにも気持ちのいい季節です。

本市においてもさまざまなイベントが開催されているところですが、それらイベントや見どころなどを紹介する「熊谷市観光協会ホームページ」を大幅にリニューアルし、昨日からアップしました。

今回のリニューアルでは、美しい写真をふんだんに使い、旅のけん引役である女性をターゲットにした切り口でページ展開を行い、かなり見やすくなっており、必ずや皆さんにも満足いただけるものと思います。

トップページには、「熊谷乙女旅」「熊谷スイーツ」「紅葉めぐり・イルミネーション」の3本立てで、熊谷を訪れてみたくなるような特集を組んでいます。

皆さんも、是非、下記アドレスにアクセスし、新たな熊谷を見つけてください。

 

http://www.oideyo-kumagaya.com/

 

 

 

北陸新幹線

更新日:2014.10.08

みなさん、こんにちは。

いよいよ開業まで半年余りとなった北陸新幹線。8月27日に開業日と各列車の停車駅が発表されました。開業日は2015年3月14日の土曜日。

そして、気になるのが停車駅です。東京~金沢間を直通する速達タイプの「かがやき」は、1日10往復が運転され、途中の上野・大宮・長野・富山に停車することが決定。

おおむね予想通りといったところですが、各駅停車タイプの「はくたか」は、東京~金沢間を直通する列車が1日14往復で、当然、熊谷駅も含まれていると思い込んでいたところ、停車なしとのこと。非常に残念であり、ショックでした。image5

しかし、落胆してばかりはいられません。同様の状況にある、本庄市の市長さん共々、早速、先週2日にはJR東日本の新宿の本社へ、そして、昨日7日には高崎支社へ熊谷駅停車の要望活動を行いました。

今後も、市として新幹線利用客の増加に向けた取組みをさらに進めながら、北陸新幹線停車の実現に向けて粘り強く働きかけを行ってまいります。

ふるさと納税

更新日:2014.10.03

みなさん、こんにちは。

9月定例市議会でも一般質問をいただきましたが、最近、新聞やテレビなどで、よく「ふるさと納税」の話題が取り上げられています。平成20年の税制改正で創設されたもので、“納税”と名前がついていますが、実際は“寄附”で、出身地や応援したい自治体に、2,000円を超える寄附を行ったときに所得税や住民税が控除されるというものです。

「ふるさと納税」をすると、それぞれの地域の記念品や特産品を贈呈している自治体があり、中には高価な海産物や果物がいただける地域もあり人気を呼んでいるということです。

本市でも、1万円以上の寄附をいただいた市外の方に、熊谷の特産品を贈呈する「ふるさと熊谷応援寄附金特典制度」が10月1日からスタートしました。

市外からの寄附額の増加を目指すとともに、全国に熊谷の魅力を発信することができればと考えています。

furusato_009

furusato_010furusato_007furusato_002