月別アーカイブ: 2014年2月

大雪から1週間・・・独り言

更新日:2014.02.21

まさかのことがまた起きた。竜巻もまさかの出来事だった。気候がどうかしている。自然が怒っているのか。先週2月8~9日の大雪は1896年以降歴代2位の43cm。そして、今週2月14~15日の大雪は62cmで観測史上最高の積雪となった。豪雪である。1896年は明治29年、ときの内閣総理大臣は伊藤博文である。こんな雪は初めてだというお年寄りでさえ体験したはずもない。

 

事前に対策本部を設置していたが、車が埋まってしまうほどの積雪までは考えていなかった。歩いて参集できた職員は15日(土)70名、16日(日)473名。市内各エリアで除雪を担当する事業者も思うように動けない。除雪が間に合わない。電車もストップ。路上に放置された車などで大渋滞が起こる。緊急車両にも支障をきたす。単身高齢者は大丈夫か。ご近所同士での共同作業や安否確認を呼びかける。農業用施設は大打撃。カーポートの損壊も多数。

 

小・中学校では月曜日だけ臨時休校。朝から児童クラブを開いて対応する。保育所は通常通りに開所。除雪で道を開けていく、今日時点でご要望の8割の箇所にお応えできた。ただただ全力を挙げる。

 

多くのお叱りもいただいた。批判は甘んじて受けよう。

 

行政をスリムにしていくことを心がけてきた。人口減少社会、少子高齢化、福祉・医療、都市のコンパクト化、産業構造の変化等々、様々な課題に対応しながら、いざというときの人員・装備を整えていく必要が生じている。想定外という言葉もなかなか許されない。将来世代に借金は残したくない。

 

ひたすら悩み答えを出す。責任とはそういうこと。

故小林熊二様の告別式

更新日:2014.02.05

みなさん、こんにちは。20140205庁舎前雪の翌日

雪も思ったより早く融けました。

今までずっと乾燥していたので、よいお湿りになったかもしれません。凍っているところもありますので足元には十分お気をつけください。

 

今日は元熊谷市議会議長の故小林熊二様の告別式。

私の初めての県議会議員選挙から昨年の市長選挙まで連続7回の選挙対策本部長を務めていただき、大変お世話になった方です。

いろいろな思いを弔辞に込めました。心からご冥福をお祈りいたします。合掌

市長室から・・・雪の立春

更新日:2014.02.04

みなさん、こんにちは。

雪になりました。20140204庁舎前 雪

これから太陽光発電施設の竣工式に行っていきます。市の土地をお貸しして、株式会社ミツウロコさんが設置しました。

その名も「熊谷ソーラーパーク」。雪の日でも発電できます。

 

熊谷市の快晴日数は日本一。熊谷に降り注ぐ太陽エネルギーを存分に生かしてほしいと期待しています。

荻野吟子賞 節分

更新日:2014.02.03

みなさん、こんにちは。

「さいたま輝き荻野吟子賞」の表彰式に出席。本市関係ではSHIORIさんと熊谷福祉会の皆さんが表彰されました。誠におめでとうございます。この賞は熊谷市出身の日本最初の公認女性医師「荻野吟子」にちなんで、男女共同参画の観点から顕彰しようとするものです。会場の知事公館で上田知事から表彰状が手渡されました。

 

SHIORIさんは『作ってあげたい彼ごはん』の作者で、フードコーディネーターとして大活躍しています。また、社会福祉法人熊谷福祉会では女性の管理職登用などの能力活用や、事業所内への保育所設置などの子育て支援が高く評価されました。

私も本当に嬉しいです。ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

 

昨年6月には荻野吟子没後100年記念フォーラムも実施しましたが、当時とは女性を取り巻く環境も大きく変化しています。これからもこの顕彰が多くの方々の励みとなりますよう願っております。