中学校ハートフルミーティング

更新日:2013.09.30

カテゴリー:BLOG

みなさん、こんにちは。 

竜巻から2週間、対策も軌道に乗ってきました。 

今日は熊谷東中学校でのハートフルミーティング。地域の皆様とは別に中学生との直接対話です。今回で10校目。熊谷の将来を担う子ども達からはなかなか鋭い質問がきます。簡単にご紹介します。 

Q.どうして市長に?

A.小さいときから、政治家になって社会のために、みんなのために働きたいと思っていました。努力し勉強もしました。最初から市長になれるわけではないので市議会議員や県議会議員もやりました。究極的には自分の責任において仕事ができることは市長として大変ですが素晴らしいことだと思っています。

Q.最近うれしかったことは?

A,竜巻被害で困っている人たちをみんなで助けようという動きがたくさんありました。自分が市長になって地域のみんなのために働こうと問いかけてきたことが形になってよかったなと思いました。

Q.1日のスケジュールは?

A.先週の1日。8時20分に登庁し災害対策本部会議。義援金の拝領。100歳の方の長寿の祝い。企業からの高圧洗浄機のご寄贈。葬儀。NZインバーカーギ市相互交流の高校生の訪問。その後、たくさんの打合せを10分刻みでこなして17時30分。平日はこんな感じです。

Q.国は赤字財政ですが、熊谷市は?

A.日本の国は税金などの収入より支出が多くなり、赤字国債といわれる借金で補てんしています。これが赤字財政です。熊谷市は収入の範囲内で支出をまかなっているので赤字ではありません。今、私は市債残高を減らして基金を増やしています。借金が減れば利息も減るので新しい仕事ができます。

Q.体育館の改修順序は?

A.昭和56年に耐震の基準が変わりました。その前に建てられた体育館の耐震診断をして、安全の判定基準のIs値が低いほうから順番に建て替えています。

Q.最高気温が四万十市に抜かれてどう思う?

A.熊谷市は国内最高気温を記録する前から「あついぞ!熊谷」のキャッチコピーを使ってきました。「あつい」は暑いだけでなく、気持ちの熱さ、人情の篤さなどの意味があります。暑さ対策日本一も目指します。

Q.少子高齢化対策は?

A.子育てするなら熊谷市という気持ちで頑張っています。子育て拠点を18箇所作ったり、保育所の定員を増やしたり、子どもの医療費の無料化で経済的な負担を少なくしたりすることで少子化対策をしています。また、高齢者のためには施設の充実を促進したり、介護保険という特別な保険があるので保険料が高すぎないように微妙なバランスもうまく考えて進めたいと思っています。

Q.テーマパークやショッピングモールなど遊ぶところが少ないのは?

A.交通が便利な郊外の広い土地が必要ですが、今は土地利用の制約が厳しいので大型の商業施設はなかなか作ることはできません。熊谷市は宿場町として発達してきたので、町の中にいろいろなご商売をしている方がいます。うちわ祭などの伝統的な行事もそこから生まれてきました。市街地ににぎわいを取り戻したいと思っています。

Q.東北への支援は?がれきの受け入れは?

A.昨年、三ヶ尻の太平洋セメントの工場で木くずを約400t受け入れました。これは安全が確認されたものです。燃やした灰はセメントの材料になりました。今でも「オール熊谷自立支援ネットワーク」という市も参加している団体で被災者を支援しています。

Q.どんな大人になってほしい?

A.ひとつひとつの言葉や動作から、人が喜ぶ、人が傷つく、そういうことがわかる大人になってほしい。将来の目標を持ってほしい。友だちを大切にしてほしい。熊谷を離れたとしてもずっと熊谷に注目してほしい。そういう大人になってほしいと思います。

Q.熊谷市のよいところは?10年後は?

A.歴史があります。新幹線、130年前から高崎線、中山道の国道17号など交通が便利です。多様な県立高校がたくさんあります。中学生の皆さんの進路選択の幅もひろがります。中心市街地がとてもにぎやかになって、私のふるさとは熊谷だと胸を張って言えるようなまちを皆さんと力を合わせて創っていきたいと思っています。 

頼もしい子どもたちでした。3年生の170余人。部活動も終わってそれぞれの進路に向けてレベルアップしていく時期です。あと半年で卒業。充実した中学校生活を送ってほしいと願っています。しっかりと足元を見つめて歩んでほしいと願っています。今日はありがとう。