台風18号竜巻(3)

更新日:2013.09.26

カテゴリー:BLOG

被災者支援対策室看板みなさん、こんにちは。 

竜巻被害から10日目です。連休明けの24日から見舞金の支給を始めました。既に市営住宅に移っている方もおります。被災後の1週間は、応急対応として救急や避難所開設、ブルーシートや土のう袋の配布、がれきの撤去などを行ってきました。今は、生活安定に向けての支援策に移行しつつあります。

24日には市議会の全員協議会において、被害状況と支援策についての現状を報告し質疑応答となりました。市議会議員さんからは口々に「ご苦労様」と慰労の発言があり励みになりました。25日には記者会見を開き、やはり現状について発表したところです。この場でもいろいろな質問を受けました。市の情報の報道に感謝いたします。

義援金は既に数百万円に達しています。100万円単位でお預かりすることもあるので、できればお名前も公表させていただけないかと思っています。心ある方々の善意に改めまして深く感謝申し上げます。お配りする際には、お金に皆様の『心』も載せていきたいものです。今年末まで受け付けて、配分委員会により使い道を決定していきます。

3.11のときも「東日本大震災オール熊谷自立支援ネットワーク」が設立され、市も加わりながら東北支援を行い、今も継続しています。このたびの災害においても、いざというときの熊谷市民の力の結集というのはすごいと思います。地域のコミュニティの重要さも改めて感じています。自主防災組織は必要です。

私も頑張ります。